アードベッグ最古のカスク「アードベッグ カスク No.3」 史上最高額で個人コレクターへ売却

アードベッグ最古のカスク「アードベッグ カスク No.3」 史上最高額で個人コレクターへ売却

アードベッグがリリースした最古のカスク「アードベッグ カスク No.3」が、アジアの個人コレクターに1600万ポンド(日本円:約26億円)で売却されました。今回の売却は、ウイスキーのカスク史上最高額での取引となったそうです。

  • 更新日:

アードベッグ カスク No.3とは

「アードベッグ カスク No.3」は、アードベッグ蒸留所の2度の閉鎖を乗り越えたという、唯一無二の1975年製カスクです。1970年代にはシングルモルトがほとんど造られず、また1980年代と1990年代にはアードベッグ蒸留所が閉鎖されていた時期もあり、アードベッグがリリースしたカスクの中で最も古く、類を見ないほど貴重なもの。

売却された今後はオーナーのために5年かけてボトリングされ(毎年一定数のボトル)、少なくとも10年間は再現不可能な、唯一無二のアードベッグコレクションが提供されるとのことです。

また、この売却による利益の一部、100万ポンド(約1.6億円)は、このカスクを何世代にもわたって大切に扱ってきた蒸留所のスタッフに敬意を表し、アイラ島の活動を支援するために寄付されるそうです。

グレンモーレンジィ社 トマ・モラプールCEOコメント

アードベッグを傘下に置くグレンモーレンジィ社のトマ・モラプールCEOは、今回の売却について次のようにコメントしています。
「私達のこれまでの道のりを支えてくれたアードベッグコミュニティの全ての人にとって、誇らしいことだと思います。わずか25年前、アードベッグは存続の危機に瀕していましたが、現在では世界で最も人気のあるウイスキーのひとつとなっています。スモーキーなスピリッツを生み出す蒸留所スタッフから、何十年にもわたって樽を管理する熟成庫スタッフ、そしてファンやバーテンダー、コレクターの間でこのウイスキーの評価を高めることに貢献してくれている世界中のチームに至るまで、何世代にもわたる努力の結晶がここにあるのです。」

アードベッグについて

1815年にスコットランドのアイラ島で生まれたシングルモルトウイスキー。
ピートが強くスモーキーでありながら、繊細な甘さと高い品質で人々を魅了してやまないその風味は、“ピーティーパラドックス”との愛称を持つ究極のアイラ・モルト。

>> 公式サイト
>> Facebook

※今回お届けした情報は記事執筆時点のものです。ご利用の際は状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

おすすめ情報

関連情報

ウイスキーの基礎知識