AI診断でワインを選ぶ、飲む、買う、持込む…体験型ワインショップ/東京恵比寿『wine@EBISU』

AI診断でワインを選ぶ、飲む、買う、持込む…体験型ワインショップ/東京恵比寿『wine@EBISU』

今年オープンした『wine@EBISU』。自分のワインカルテを作成することで、世界800種類のワインとのマッチ度がわかります。結果はすぐに併設のバーで試飲して確認。気に入ったワインは購入して自宅はもちろん、加盟している飲食店に持ち込めるとか。百聞は一見に如かず。まずはワインカルテ作りにトライしました。

  • 更新日:

ワインバーを併設した、新感覚のワインショップ

恵比寿駅西口から徒歩2分。アクセス至便な立地にあります。

ワイン好きはたくさんいるけど、「どんなワインが好きですか?」とストレートに問われると、答えに窮してしまう人も少なくありません。「軽めの白」「重めの赤」などからもう少し発展した表現ができれば、ワインショップやレストランでこれは! と思えるワインにもっと出合えることでしょう。

そんな願いを実現してくれるのが、今年2月に東京・恵比寿にオープンした『wine@EBISU(ワイン・アット・エビス)』。カテゴリーでいうとワインショップなのですが、単なるワイン専門店ではありません。ワインラヴァーはもちろん、ワイン初心者もワクワクしてしまう仕掛けがたくさんあるのです。

「まずはパーソナライズワイン診断でご自身のカルテを作成して、味わいタイプを知っていただきます。続いてその好みにマッチするワインを、併設のバーでテイスティングして実際に検証。気に入ったワインはショップもしくはオンラインで購入できるんですよ」と広報の橋本拓也さん。

パーソナライズワイン診断のやり方、そしてお店の活用方法を橋本さんにレクチャーいただきました(撮影時のみマスクを外しています)。

15の質問に回答すれば、自分好みのワインがわかる

サイトにアクセスすれば、どこにいても診断できます。

ではパーソナライズワイン診断を実際にやってみましょう。設問は15問、所要時間は3分ほどですから、いたって簡単。まずは、スマートフォンでQRコード※を読み込んで診断サイトにアクセスします。
※QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

最初に表れるのがこちらの画面で、ワインの知識レベルを尋ねてきます。

自分のレベルを客観的に把握するのが目的ですから、見栄を張らないことが大切。よほど知識に自信がない限り、標準モードで診断することが賢明です。

おすすめ情報

関連情報

ワインの基礎知識

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事