アニメ「錆色のアーマ−黎明−」コラボの日本酒&梅酒 数量限定で販売開始!

アニメ「錆色のアーマ−黎明−」コラボの日本酒&梅酒 数量限定で販売開始!

明治41年創業、赤酢と日本酒を醸す和歌山の酒蔵・九重雜賀(和歌山県紀の川市)は、アニメ「錆色のアーマ−黎明−」とコラボした日本酒&梅酒を数量限定で販売開始します。

  • 更新日:

開発背景について

開発背景

九重雜賀(ここのえさいか)の祖先である雑賀衆の頭領・雑賀孫一(孫市)を主人公にした舞台を中核に、漫画・アニメとメディアミックスを展開する逆2.5次元プロジェクト「錆色のアーマ」。このプロジェクトの一つとして「錆色のアーマ-黎明-」のTV放送が開始されます。これに先立ち、主人公・孫一とゆかりの深い九重雜賀によるコラボ商品の販売が決まりました。
コラボ商品は、こちらの二点です。

「錆色のアーマ」オリジナル 孫一 純米 720ml
「錆色のアーマ」オリジナル 孫一 梅酒 720ml

合戦にも、酒造りにも、共通するのは“自分自身との闘い”である。
積み重ねてきた技と感覚を研ぎ澄まし、創意工夫をこらし、全身全霊をかけて、ときに無謀とも思われる高みをめざす ― 
そんな九重雜賀のこだわりがたっぷり詰まった一品です。「孫一の名を冠すにふさわしい、媚びない、抜かりない、勝利の美酒」と自信を持って作り上げられた味わいを、ぜひおたのしみください。

商品の特徴とこだわり

1.日本酒、梅酒で数多くの賞を受賞する九重雜賀が手掛ける本物の味

イギリス『ロンドン酒チャレンジ』、日本『ワイングラスでおいしい日本酒アワード』、フランス『Kura Master』、アメリカ『全米日本酒歓評会 Joy of SAKE』など多くの国際大会で受賞歴がある九重雜賀が、「孫一」をイメージし造った二種のお酒です。

「孫一 純米」は辛口タイプで辛さの中にもお米の旨みが感じられる日本酒、「孫一 梅酒」はさわやかな梅の香りと、甘みの中にもスッキリとしたキレが感じられる梅酒となっています。

2.原材料の米(山田錦・五百万石)と梅は共に地元和歌山県産を使用

和歌山県で100有余年。地元を支える企業でありたい…
そんな思いから、できる限りの原材料を和歌山県で調達してきた九重雜賀。
酒米は親戚が中心となって米作りを進め、さらには紀の川の伏流水を蔵内の井戸から汲み上げ、この地でしか醸せない赤酢と酒づくりを大切にしているといいます。
今回のコラボ商品も地元和歌山県の米と梅で造られたもの。
ぜひ和歌山の豊かな自然を感じながらおたのしみください。

商品情報

<孫一 純米>

商品情報

商品名:「錆色のアーマ」オリジナル 孫一 純米
内容量: 720ml
価格 :1,595円(税込)
使用米:米(和歌山県産)、米こうじ(和歌山県産)
精米歩合:こうじ米(山田錦)65% かけ米(五百万石)65%
アルコール度数:15%

<孫一 梅酒>

商品名:「錆色のアーマ」オリジナル 孫一 梅酒
内容量:720ml
価格:1,595円(税込)
使用米:梅(和歌山県産)、糖類、醸造アルコール
アルコール度数:11%

アニメ「錆色のアーマ -黎明-」について

アニメ「錆色のアーマ -黎明-」について

【放送】
TOKYO MX1 2022年1月9日(日) 22:00~
BSフジ 2022年1月11日(火) 24:00~
サンテレビ 2022年1月9日(日) 24:30~
テレビ和歌山 2022年1月9日(日) 24:00~
AT-X 2022年1月9日(日)23:30~

【配信】(五十音順)
Amazon Prime Video/アニメ放題/auスマートパスプレミアム/FOD/GYAO!ストア/J:COMオンデマンド/dアニメストア/TELASA/dTV/DMM動画/ニコニコ/バンダイチャンネル/Hulu/ビデオマーケット/music.jp/milplus/U-NEXT

【スタッフ】
原作:「錆色のアーマ」プロジェクト
監督: 河原真明
シリーズ構成・脚本:江嵜大兄
アニメーション制作:Kigumi

【キャスト】
孫一:佐藤大樹(EXILE / FANTASTICS from EXILE TRIBE)
織田三郎信長:増田俊樹
鶴首:荒木健太朗
蛍火:永田崇人
黒氷:平田裕一郎
木偶:spi
アゲハ:神里優希
不如帰:崎山つばさ
ルシオ・コルテス:佐藤流司

©「錆色のアーマ」プロジェクト / © アニメ「錆色のアーマ」製作委員会

会社概要

株式会社九重雜賀
所在地:和歌山県紀の川市桃山町元142番地1
事業内容 : 食酢、食酢関連商品、日本酒、リキュール、雑酒、その他の醸造酒、清涼飲料水の製造販売、食品の製造販売
>> 会社ホームページ

※今回お届けした情報は記事執筆時点のものです。ご利用の際は状況が異なる場合がありますのでご注意ください

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識