ワインを使った料理をたのしもう! メインからデザートまでおすすめを紹介

ワインを使った料理をたのしもう! メインからデザートまでおすすめを紹介
出典 : Plateresca / Shutterstock.com

ワインを使った料理を作りたくても、使い方がよくわからないという人もいるのではないでしょうか。今回は、料理用と飲用の白・赤ワインに注目。料理に使うときのポイントや、ワインを使ったおすすめ料理、ワインがない場合の代用品など幅広く紹介します。

  • 更新日:

ワインは、料理用はもちろん飲用も料理で活躍する

Daria Stock/ Shutterstock.com

スーパーの調味料コーナーなどには「料理用ワイン」が売られていますが、どのような特徴があるのでしょうか。また、料理用や飲用の白ワイン・赤ワインは、どんな料理に使えばよいのでしょうか。ここでは、料理で使用するワインについて、基本を解説します。

料理用ワインの特徴

まずは料理用ワインにフォーカス。「料理用」と記載されたワインには、次のような特徴があります。

【料理をおいしくするため成分が調整されている】

料理用ワインの大きな特徴として、料理をよりおいしくするために酸や糖分などの成分が調整されていることが挙げられます。料理用の白ワインは、飲用のワインと比べて酸と糖分がかなり控えめな傾向。料理用の赤ワインはアルコール度数がやや高く、ブドウの果皮由来の成分が多めに入っています。

【塩分が添加されていて酒税がかからない】
料理用ワインには塩分が添加され、不可飲処置が施されているのも大きな特徴です。これにより、料理用ワインは酒類に分類されず、酒税もかかりません。その分、飲用のワインより安価で入手できますが、味つけの際には塩分が含まれていることを意識して調整する必要があるでしょう。

【糖分が少なく長持ちする】
料理用ワインは糖分が控えめに造られているため、飲用のワインよりも品質が安定しやすく、開栓後も日持ちする傾向があります。通常のワインは、開栓後は数日から一週間がおいしく飲める期限ですが、料理用ワインは冷蔵庫で保管すれば数週間程度使用できます。冷凍すれば、半年ほど保存できるでしょう。

このように、料理用ワインには料理に適したさまざまな特徴があります。とはいえ、料理用ワインでなければ料理に適さない、ということではありません。

白ワイン・赤ワインを料理に使うときのポイント

料理用・飲用に関わらず、白ワインや赤ワインを料理に使う場合は、それぞれの特性を活かせる料理に用いるのがポイント。おもな特徴を掴んで、上手に使い分けましょう。

【白ワイン】
白ワインはおもに白ブドウを原料とし、果皮を除いて果汁だけを発酵させて造るため、渋味はほとんどないのが特徴です。
料理用ワインの白や、すっきり辛口の飲用の白ワインは、魚介類の臭み消しや香りづけなど、料理に幅広く使用できます。魚介料理のほか、鶏肉・豚肉を使用したさっぱりした味つけの料理、野菜・きのこ料理などとも相性抜群です。
なお、飲用の甘口の白ワインは、料理に使用すると甘味が強く感じられる場合があるため、意図的に甘さを加えたいお料理をのぞいて、デザートなど甘味を活かせるものに使用するのがおすすめです。

【赤ワイン】
赤ワインは黒ブドウを原料とし、果汁や果肉に加えて果皮や種も丸ごと発酵させて造ります。そのため、ブドウの果皮や種に含まれる成分であるタンニンなどのポリフェノールが多く含まれているのが特徴です。
タンニンには、肉の生臭い臭いを抑える効果や、肉をやわらかくする効果があります。そのため、赤ワインは牛肉の煮込みなどの肉料理に最適といえるでしょう。ほかにも、料理のつやをよくしたり、コクを出したりといった効果も期待できます。

ワインを使ったおすすめ料理

Ezume Images/ Shutterstock.com

白ワイン・赤ワインは、それぞれ幅広い料理に使用することができます。ここでは、ワインを使用することで味わいをアップできるおすすめの料理を紹介します。

おすすめ情報

関連情報

ワインの基礎知識

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事