ドライフルーツのおいしさを包み込んだおつまみ 「プルーンの肉巻き」

ドライフルーツのおいしさを包み込んだおつまみ 「プルーンの肉巻き」

【カンタンおつまみレシピ】 フルーツの甘味や酸味を手軽にたのしめる、ドライフルーツ。そのまま食べてもおいしいですが、今回は相性のよいお肉といっしょにアレンジするレシピを紹介します。ドライフルーツの種類や味付けを工夫すれば、さまざまなお酒に合うので、ぜひ試してみてください。

  • 更新日:

このおつまみに合うお酒は…
ビール、日本酒、焼酎、ワイン、ハイボール

おやつやワインのお供になど、女性が好むイメージの強いドライフルーツですが、その甘味とコクから、じつは肉料理と好相性な食材です。今回は、肉巻きにしてドライフルーツのおいしさを丸ごとたのしんでみましょう! プルーンのほか、あんずやいちじくなどのドライフルーツでもおいしく作れます。このように包丁を使わず、さっと気負わず作れるメニューがレパートリーにあると、もっとおうち飲みが充実していきますよ。

【材料/2人分】
豚バラ薄切り肉…150g(6枚)
プルーン(種抜き)…6個
片栗粉…大さじ2〜3
めんつゆ(3倍濃縮)…大さじ2
寿司酢…大さじ2
オリーブオイル…大さじ2

【作り方/10分】
1.豚肉は広げて、端にプルーンを置いて、くるくると巻いていく。
2.全体に片栗粉を薄くまぶす。
3.フライパンを中火にかけ、オリーブオイルを入れ、「2」をときどき転がしながら焼いていく。
4.焼き色がついたら、めんつゆ、寿司酢を回しかけ、フライパンをゆすりながらからめて出来上がり!

準備はカンタン! プルーンを置いてくるくる巻いていくだけ。

【コツ・ポイント】
●日本酒に合わせるなら、調味料に合わせてすりおろし生姜を加えてみましょう。ビールに合わせるなら、すりおろしニンニクを加え、仕上げに黒胡椒をふってどうぞ。
●コクのあるプルーンは、赤ワインによく合います。白ワインに合わせるなら、ドライアプリコット(あんず)やドライフィグ(いちじく)で作れば、よりフルーティーで軽やかに味わえますよ。
●めんつゆを使わない場合は、醤油…小さじ1、みりん…小さじ1、日本酒…小さじ1、砂糖…小さじ1/2の分量で作ってみてください。

ドライアプリコット(あんず)で作れば、白ワインによく合います。

ライタープロフィール

野口英世

料理研究家・フードスタイリスト

おすすめ情報

関連情報

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事