ウォッカの賞味期限や、正しい保存方法を知ろう!

ウォッカの賞味期限や、正しい保存方法を知ろう!
出典 : S_Photo/Shutterstock.com

ウォッカの賞味期限や保存方法が気になって、ラベルやパッケージなどを調べたことがある人もいるでしょう。ウォッカの賞味期限はどこに表示されているでしょうか? ウォッカをはじめ、アルコール度数の高い蒸溜酒の賞味期限や、正しい保存方法について紹介します。

  • 更新日:

ウォッカの賞味期限はどれくらい?

Kira Garmashova/ Shutterstock.com

ウォッカに賞味期限がない理由

ウォッカの賞味期限はどのくらいでしょうか? 結論からいうと、ウォッカに賞味期限はありません。このため、長期にわたって保存したものでも、安心してたのしむことができます。

ウォッカに限らず、ウイスキー、焼酎などの蒸溜酒には、賞味期限が設定されていないのが一般的です。蒸溜酒とは、何度も蒸溜を繰り返して、アルコール度数を高めたお酒のこと。アルコールには殺菌効果があり、長期保存しても腐敗する心配がないので、賞味期限を設定・表示する必要はないとされています。

ウォッカは長期保存しても味が変わらない?

ウォッカは、ロシアや北欧など極寒の地でカラダを温めるために飲まれるので、アルコール度数は40~60くらいと、蒸溜酒のなかでも高め。細菌などの微生物は生きられない環境なので、長期保存しても、品質が変わる心配はありません。

とはいえ、これはウォッカが未開封の場合のこと。開封後でもアルコール度数の高さは変わらないので、腐敗の心配はありませんが、空気に触れることで香りが抜けてしまう場合があります。

飲めなくなる心配はなくとも、ウォッカ本来の魅力を味わうなら、開封後は早めに飲みたいもの。また、未開封ではあっても保存状態が悪ければ風味が落ちてしまうこともあるので、注意が必要です。

【ウォッカ編】スピリッツの飲み方を紹介《シニアソムリエ監修》


ウォッカの正しい保存方法

Liudmila Beliavskaia/ Shutterstock.com

ウォッカを保存するポイント

ウォッカなどの蒸溜酒は、アルコール度数が高く腐敗しにくく、賞味期限もないので、未開封のものであれば常温保存でも問題ありません。

未開封のままなら、それこそ半永久的に飲めるとまでいわれるウォッカですが、20年や30年も保存していた場合、保存状態によっては風味が落ちてしまうおそれもあります。

未開封のウォッカを長期保存する場合は、高温多湿の場所や、直射日光を避けて、冷暗所に保存することをオススメします。

おすすめ情報

関連情報

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事