ビールを早く確実に送る方法とは?

ビールを早く確実に送る方法とは?
出典 : Kirill Z / Shutterstock.com

ビールを送る方法としては郵送や宅配便などが考えられますが、「ビールを早く、確実に送りたい」と思った際に、どの方法がよいのか、どんな点に気をつけるべきかなど、意外とわかっていないもの。そこで今回は、ビールを上手に送る方法や注意点について解説します。

  • 更新日:

目次

  • ビールを送る方法1:ビールを送る際の注意点
  • ビールを送る方法2:ビールの梱包方法
  • ビールを送る方法3:ビールを送る手段

ビールを送る方法1:ビールを送る際の注意点

Peter Gudella / Shutterstock.com

ビールを送る際の2つのポイント

ビールを送る方法について、詳しく知っている人は意外と少ないのではないでしょうか。

というのも、お中元やお歳暮などでビールを送る場合、ギフト取扱いのあるネットサイトや店舗などの購入先から配送してもらうのが一般的。近年、人気のクラフトビールを送る際も、いわゆる「産直便」のように、ブルワリーの通販で贈答先を指定して送れば、鮮度の高いビールが発送されて風味を保つ意味でも安心です。

自宅からビールを送るなら、自分で梱包して、郵便や宅配便を利用することになります。具体的な梱包・配送方法などを知る前に、気になる2つのポイントをおさえておきましょう。


【ポイント1:ビールなどアルコール飲料は送れるの?】

「お酒はアルコール飲料なので送れない」と聞いたことがあるかもしれません。ビールもお酒なので、郵便や宅配便では送れないのではと心配な人もいるでしょうが、結論からいうと、送れます。

確かに、アルコールは危険物に見なされるため、お酒もアルコール度数によっては送ることができません。たとえば「ゆうパック」では、次のように定められています。

◇アルコール度数70度超:送ることができません
◇アルコール度数24度超~70度以下
 5リットル以下:送ることができます
 5リットル以上:送ることができますが、航空輸送はできません
◇アルコール度数24度以下:送ることができます

こうした基準は宅配便でも同様です。ビールのアルコール度数は酒税法で20度未満と定められているので、問題なく送ることができます。

郵便局:ゆうパックでお酒は送れますか?

ヤマト運輸:ビールや日本酒・ワインなど(アルコール飲料)は、送れますか?

【ポイント2:「要冷蔵」のビールの送り方】

ビールは一般的に、高温の場所で保存すると品質が劣化してしまいます。とくにクラフトビールなど「要冷蔵」と明記されているものは注意が必要です。

クラフトビールには、独特の風味を活かすため酵母を残したまま出荷している商品もあります。このようなビールでは、温度が上がると酵母が活動を始めて風味が変わってしまうため、「要冷蔵」としているのです。

酵母を除去している一般的なビールであれば、通常の方法で送っても問題ありませんが、「要冷蔵」のビールは、低温の状態を保って送られる「クール便」を利用しましょう。

ビールを送る方法2:ビールの梱包方法

eranicle / Shutterstock.com

おすすめ情報

関連情報

日本ビール検定(びあけん)情報

ビールの基礎知識

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事