日本ビール検定(びあけん)予想問題!【3級 vol.4】問題編

日本ビール検定(びあけん)予想問題!【3級 vol.4】問題編

2021年6月と11月に実施される今年度の「日本ビール検定」(びあけん)。たのしいお酒.jp編集部の「ペールエール伊東」が、びあけんを受験する方の試験対策のため、予想問題を作成しました。ビールが好きな方は受験予定がなくても、ぜひチャレンジしてみてください。本試験で同じ問題が出題されるかも・・・

  • 更新日:

問1 ビールに分類されるアルコール度数

日本の酒税法では、ビールに分類されるアルコール飲料のアルコール度数は次のうちどれが正しいか。

(a)アルコール分0.5度以上20度未満
(b)アルコール分0.5度以上20度以下
(c)アルコール分1度以上20度未満
(d)アルコール分1度以上20度以下

問2 ホップについて

ビールの原料として使用されるホップに関する記述のうち、正しいものは次のうちどれか。

(a)ホップは、バラ科のつる性植物である。
(b)ホップは、成長すると背丈は2メートル程になる。
(c)ホップは、気温が高い熱帯性地域で良く育つ。
(d)ビールの原料として使用されるホップは未授精の雌株の花を使う。

問3 IBUとは

クラフトビールの紹介やビアバーのメニューで良く目にする「IBU」とは何を意味する言葉か。次の選択肢から正しいものを選べ。

(a)国際苦味単位
(b)アルコール度数
(c)ビールの色度を表す指標
(d)ビールの比重

おすすめ情報

関連情報

日本ビール検定(びあけん)情報

ビールの基礎知識

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事