【3級 vol.4】日本ビール検定(びあけん)予想問題! 問題編

【3級 vol.4】日本ビール検定(びあけん)予想問題! 問題編

2021年に約4,500人が受検した日本ビール検定(びあけん)。2022年は9月1日から10月31日まで開催されます。 たのしいお酒.jp編集部では、びあけんを受験する方の試験対策のために過去問題と予想問題を連載します。ビールが好きな方は、ぜひ問題に挑戦してみてください。協力:日本ビール検定

  • 更新日:

問1 ビールに分類されるアルコール度数

日本の酒税法では、ビールに分類されるアルコール飲料のアルコール度数は次のうちどれが正しいか。

(a)アルコール分0.5度以上20度未満
(b)アルコール分0.5度以上20度以下
(c)アルコール分1度以上20度未満
(d)アルコール分1度以上20度以下

問2 ホップについて

ビールの原料として使用されるホップに関する記述のうち、正しいものは次のうちどれか。

(a)ホップは、バラ科のつる性植物である。
(b)ホップは、成長すると背丈は2メートル程になる。
(c)ホップは、気温が高い熱帯性地域で良く育つ。
(d)ビールの原料として使用されるホップは未授精の雌株の果実を使う。

問3 IBUとは

クラフトビールの紹介やビアバーのメニューで良く目にする「IBU」とは何を意味する言葉か。次の選択肢から正しいものを選べ。

(a)国際苦味単位
(b)アルコール度数
(c)ビールの色度を表す指標
(d)ビールの比重

「この問題は、日本ビール検定の協力のもと、たのしいお酒.jp編集部ペールエール伊東が掲載しています」

おすすめ情報

関連情報

日本ビール検定(びあけん)情報

ビールの基礎知識