アマビエをラベルにあしらった日本酒と甘酒が新発売!新型コロナウイルス感染症終息と健康を祈願

アマビエをラベルにあしらった日本酒と甘酒が新発売!新型コロナウイルス感染症終息と健康を祈願

永井酒造(群⾺県利根郡川場村)は、現在世界中で流行している新型コロナウイルス感染症の終息と世界中の⼈々の健康を祈願し、疫病退散の象徴である「アマビエ」をラベリングした⽇本酒と⽢酒を同時発売しました。

  • 更新日:

疫病退散の象徴、アマビエラベル商品発売への想い

疫病退散の象徴、アマビエラベル商品発売への想い

永井酒造より、疫病退散の象徴である「アマビエ」をラベリングした2商品『⾕川岳純⽶吟醸 アマビエラベル』と『麹から造った⽢酒 アマビエラベル』が同時発売されました。諸説ありますが、アマビエは疫病を予⾔した妖怪として語り継がれており、疫病退散の象徴として知られています。永井酒造では、神事と密接な関係にある酒のラベルにアマビエをあしらう事で、新型コロナウイルス感染症終息の願いと、アマビエのご利益を最⼤限に⾼められると考え、今回の2商品を企画したそうです。

⽇本伝統の発酵⾷品を通じて…免疫力を高める発酵の⼒

⽇本伝統の発酵⾷品は、様々な優れた力を持っていると⾔われています。また、日本酒にはコロナ禍で注目を集める「5-アミノレブリン酸」も含まれているのだとか(「5-アミノレブリン酸」は、原因ウイルスの感染抑制が判明したため、COVID-19に対する抗ウイルス薬の候補として研究を進める価値があると期待されています)。

⽇本伝統の発酵⾷品を通じて…免疫力を高める発酵の⼒

新型コロナウイルス感染症の⼀⽇でも早い終息を願いアマビエをラベルにあしらった…という日本酒『⾕川岳純⽶吟醸 アマビエラベル』は、純⽶吟醸らしいフルーティーな⾹りに爽やかな⽢味・お⽶の旨味を表現しつつも、後味はスッキリとした⾷中酒となっているとのこと。

一方、新型コロナウイルス感染症の終息、そして皆が健康で元気な毎⽇を過ごせるように…という願いを込めた甘酒『麹から造った⽢酒 アマビエラベル』は、糀の⾵味を最⼤限に引き出し、後味スッキリな⾃然の⽢さに仕上げているとのこと。⽢酒は⾼い栄養価を持つことから”飲む点滴”とも⾔われ、夏バテ解消をはじめとして⽇本古来のスーパーフードとして注⽬を集めています。その他にも、豊富な⾷物繊維、善⽟菌によって腸内環境を整えるなど”飲む美容液”としても知られています。また、こちらの甘酒はノンアルコールなので、⼩さい子供からアルコールの苦手な⼤⼈まで幅広い年齢層で飲めるのが魅力ですね。

⽇本伝統の発酵⾷品を通じて…免疫力を高める発酵の⼒

酒蔵と神事について

酒蔵と神事について

「御神酒(おみき)」に代表される様に、酒造りは古来より神事とされており、酒蔵と神には密接な関係があると言われています。現代において酒の効能やその造り⽅は科学的に解明されていますが、昔の⼈々は「醸す」という⽬に⾒えない⾃然の⼒を畏怖し、腐敗を抑制する酒の性質や、 飲むことによって平常時と異なる精神状態になるという事から、酒を神の領域に近付ける清らかな飲み物と捉えていたそうです。

永井酒造は、⾃然を畏怖し崇拝するという考えを酒蔵は現代に引き継ぎながら酒造りに励んでいる、といいます。また、永井酒造では酒造りの始まりと終わりの年に2回、⾃然への感謝を込めて⽔⾏を実施し、酒造りの源となる⽔を祀った「⽔神様」と、醸造の神様「松尾⼤社」を蔵の中で祀っているそうです。

商品概要

商品概要

⾕川岳純⽶吟醸 アマビエラベル
容量:720ml
価格:1,200円(税別)
精⽶歩合:60%
アルコール度数:15%

商品概要

麹から造った⽢酒 アマビエラベル
容量:720ml
価格:800円(税別)
ノンアルコール

永井酒造について

永井酒造について

創業1886年。群⾺県最北部、利根川の源流域に位置する川場村にて、初代永井庄治がこの地の⽔に出会い酒造りを始める。「この地の⾃然に敬意と感謝を持ち、⾃然美を表現する綺麗な酒を造る事」を哲学とし、最新鋭の設備と伝統的な技の融合で酒造りを行っている。

>>公式ホームページ
Facebook:@mizubasho
Twitter:@nagaisyuzou
Instagram:@nagaisake.inc_official

※今回お届けした情報は記事執筆時点のものです。ご利用の際は状況が異なる場合がありますのでご注意ください

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識