「ガイアの夜明け」に登場。北海道東川町に移転した三千櫻酒造より、待望の純米大吟醸酒の予約受付が開始

「ガイアの夜明け」に登場。北海道東川町に移転した三千櫻酒造より、待望の純米大吟醸酒の予約受付が開始

北海道東川町は、ひがしかわ株主制度(=ふるさと納税)にて、全国でも珍しい公設民営の酒造「三千櫻酒造」による新商品「純米大吟醸」の予約受付をスタートさせました。

  • 更新日:

「おいしい水」と「うまい米」を掛け合わせた「東川町らしい日本酒」

「おいしい水」と「うまい米」を掛け合わせた「東川町らしい日本酒」

三千櫻酒造

東川町は、北海道最高峰の大雪山旭岳からの伏流水を生活水として暮らす、全国でも珍しい「上水道のない町」。その豊かな水資源で育った「東川米」は、2019年のゆめぴりかコンテストにて最高金賞を受賞するなど、米の産地としても全国的に有名です。その東川町にて、創業143年の歴史を持つ岐阜県中津川市の「三千櫻酒造」が2020年11月に東川町に移転。全国でも珍しい公設民営の酒蔵がスタートしました。

そしてこの度、東川町内生産の2種類の酒米、「彗星(すいせい)」と「きたしずく」を使った、東川町伏流水仕込オリジナル限定酒の純米大吟醸酒を、ふるさと納税の返礼品として2種飲み比べセットの先行予約受付を開始しました。なんとこの2種類の酒米は、三千櫻酒造のためだけに作った酒米なのだそう。東川町の自慢である「おいしい水」と「うまい米」を掛け合わせた「東川町らしい日本酒」を是非味わってみてはいかがでしょうか。

「おいしい水」と「うまい米」を掛け合わせた「東川町らしい日本酒」

仕込みの様子

内容

「おいしい水」と「うまい米」を掛け合わせた「東川町らしい日本酒」

「オリジナル限定酒」純米大吟醸

東川町伏流水仕込「オリジナル限定酒」純米大吟醸2種飲み比べセット

投資額:15,000円
内 容:500ml×2本セット
・東川産酒米「彗星」(45%磨き) 使用「東川ノ雪」:純米大吟醸500ml×1本
・東川産酒米「きたしずく」(45%磨き) 使用「東川羽衣」:純米大吟醸500ml×1本
ラベルデザイン:デザイナー 原 耕一氏(TROUT)
発送:4月上旬予定

※「東川町特製ラベル」での受付となります。
※出荷状況によっては、発送時期が前後する可能性があります。
※20歳未満の飲酒は法律で禁止されております。

>>詳細ページ

「ひがしかわ株主制度」とは?

東川町はふるさと納税が制度化された2008年より、ふるさと納税を「ひがしかわ株主制度」と呼称し、納税者を「東川町を応援し、投資(寄附)をしてくれる応援者」ととらえ、共に町をつくる「株主」と位置づける形で、独自の制度として取組んできたといいます。

ひがしかわ株主制度では、東川町ならではのプロジェクトの中から、投資したい事業を選ぶことができ、さらに「特別町民」への認定や「株主証」の発行、また、宿泊優待も受けることが可能なのだそうです。またこの投資は、自治体への「寄附」に該当するため「ふるさと納税」として住民税など税法上の控除を受けることができます。

>>詳細ページ

その他お申し込みサイト
>>楽天
>>ふるさとチョイス

※今回お届けした情報は記事執筆時点のものです。ご利用の際は状況が異なる場合がありますのでご注意ください

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識