ミツカンのぽん酢でつくる「ぽん酢サワー」のたのしみかたを紹介する公式サイトがオープン

ミツカンのぽん酢でつくる「ぽん酢サワー」のたのしみかたを紹介する公式サイトがオープン

「ぽん酢」のMizkanは、「ぽん酢サワー」の魅力を多くの人に知ってもらいたいという想いを込めた公式サイトを公開しました。

  • 更新日:

調味料として生まれたぽん酢でたのしむ『ぽん酢サワー』の公式サイトがオープン!

調味料として生まれたぽん酢でたのしむ『ぽん酢サワー』の公式サイトがオープン!

ぽん酢サワーは、焼酎の炭酸割にミツカンのぽん酢を加えた、さっぱりとした飲み口が特徴のアルコールドリンクです。このお酒を紹介する公式サイトでは、ぽん酢サワーの作り方や飲むことができるお店を紹介。

現在公開中の、お笑いコンビ「イワイガワ」の岩井ジョニ男さんが出演する動画では、自身のすっぱい体験談を語りながら、“ぽん酢サワー”を飲んでスッキリする様子をドラマチックに描いたWEBムービーをたのしむこともできます。

岩井ジョニ男のおもひで酒場【ミツカン公式】

ぽん酢サワーってどんなお酒?

ぽん酢サワーってどんなお酒?

ぽん酢サワーは、焼酎の炭酸割にぽん酢を加えたさわやかな酸味が特徴のサワーです。

本来、水炊きや湯豆腐といった鍋料理に使われていたぽん酢を、ある居酒屋の店長がサワーにしてもおいしいのではないか?と思ったことがきっかけで生まれたと言われています。

作り方は「ぽん酢:焼酎:炭酸水」を「2:3:7」の割合で割るだけなのでお家でも簡単に作れそうですね。「甘くなくて、さっぱりした味わいがおいしい」などSNSでも紹介され、じわじわと人気が広がっています。

ぽん酢と言えば「味ぽん」に代表されるぽん酢醤油を思い浮かべる方も多いかと思いますが、実は「ぽん酢」というのは、かんきつ果汁に醸造酢を加えた調味料のことで、ぽん酢を醤油で味付けした『味付けぽん酢』を略して味ぽん®と呼ばれています。

ぽん酢の語源はオランダ語?

ぽん酢の語源はオランダ語でかんきつ果汁を指す、「ポンス」(pons)と言われています。ポンスは江戸時代にオランダから日本へ伝来しました。

当時の「ポンス」(pons)は焼酎に水、砂糖、かんきつ果汁、香辛料を加えたアルコール飲料でしたが、当時の日本では、その材料である柑橘果汁だけを「ポンス」と呼ぶようになったそうです。

1960年の発売より今年で約60年間、鍋用調味料として愛されてきた「ぽん酢」が持つノスタルジックな世界観を活かしたサワードリンク「ぽん酢サワー」の今後の展開がたのしみですね。

ぽん酢サワー公式サイト
http://www.mizkan.co.jp/ponzu/ponzu-sour/

ぽん酢サワー公式SNS
Instagram(@ponz_official)
Twitter(@_ponzofficial)

おすすめ情報

関連情報

焼酎の基礎知識