持ち帰り専門クラフトビールショップ「threefeet Tokyo」が東京・裏原宿にオープン

持ち帰り専門クラフトビールショップ「threefeet Tokyo」が東京・裏原宿にオープン

threefeet(東京都杉並区)が、ウィズコロナ時代に合わせて生まれた持ち帰り専門のクラフトビールショップ「threefeet Tokyo」を東京・裏原宿エリアにオープンしました。

  • 更新日:

ウィズコロナ時代に合わせて新しく生まれたクラフトビール専門店

近年のクラフトビールブームで、大手ビールメーカーによるクラフトビール事業参入やクラフトビールを造る小規模醸造所(ブルワリー)が増加している一方、今年は新型コロナウイルスの影響で外に飲みにいきたいものの、外出を控えてしまう現実もあります。
そんなウィズコロナ時代に合わせて新しく生まれた持ち帰り専門のクラフトビールショップ「threefeet Tokyo」が東京・裏原宿にオープンしました。

一つ目の特徴は、テイクアウトが可能であること。
提供されるクラフトビールは全て缶、または瓶であるためテイクアウトが可能になっています。また、近隣住宅への無料配達、オンラインショップでの販売も行われています。
可能な限り新型コロナウイルスの感染予防対策を施され、安全にクラフトビールを楽しめる仕組みが工夫されていますね。

ウィズコロナ時代に合わせて新しく生まれたクラフトビール専門店

国内のクラフトビールを100種類以上取り揃え

二つ目の特徴は、100種類以上の国産のクラフトビールを扱い、日本のブルワリーを応援できること。
これまでWEBメディアBANSHAKUを運営し、メディアを通じて全国のブルワリーの広報・PR支援活動をされていたことを活かし、threefeet Tokyoではメディアで取材したブルワリーの商品のみが販売されており、お客様と一緒に日本国内のクラフトビール文化を盛り上げていきたいと考えているとの事です。

国内のクラフトビールを100種類以上取り揃え

専門のスタッフが接客を行うコンシェルジュ型の販売方式を採用

三つ目の特徴は、コンシェルジュ型の販売方式であること。
購入の際は専門のスタッフが接客を行い、買い手に寄り添ったクラフトビール選びをお手伝いをしてくれるそうです。
クラフトビールを買うのが初めてでも安心して来店することができますね。

東京・裏原宿エリアに出店した理由

東京・裏原宿エリアに出店したワケ

日本のストリートファッション文化の発祥地である裏原宿。この地に宿る「大衆へのカウンター」というカルチャースピリットに強く共感し、クラフトビール業界でもファッションと同じように裏原宿を起点として文化を広めていきたいとの思いが、このエリアに出店した理由となっているそうです。

店舗概要

店舗概要

店舗名:threefeet Tokyo
所在地:〒150-0071 東京都渋谷区神宮前4丁目25−3 メゾン原宿 101
定休日:不定休
営業時間:平日16時30分-22時
     休日12時-22時
支払い方法:現金、クレジットカード、電子マネー、QRコード決済 など
取扱い商品:澄川麦酒醸造所、Far Yeast Brewing 、八ヶ岳ブルワリー など
価格帯 :351円~1,100円程度(税込)
TEL:03-6878-0324
URL:https://threefeet.thebase.in

※紹介した情報は記事執筆時点のものです。購入・サービス利用時に変更になっている場合がありますのでご注意ください。

おすすめ情報

関連情報

日本ビール検定(びあけん)情報

ビールの基礎知識