「サングリア」ってどんなお酒? 自宅で作れるレシピと味わい方と注意点を紹介

「サングリア」ってどんなお酒? 自宅で作れるレシピと味わい方と注意点を紹介
出典 : Oksana Mizina/ Shutterstock.com

「サングリア」は、ワインにフルーツやスパイスなどを加えてなじませたスペイン生まれのお酒。フルーティーな味わいと飲みやすさから、多くのファンに愛されています。今回はサングリアをテーマに、その魅力やおいしい飲み方、作るときの注意点などを紹介します。

  • 更新日:

「サングリア」ってどんなお酒?

「サングリア」ってどんなお酒?

smspsy/ Shutterstock.com

「サングリア」とは

サングリアは、ワインにフルーツや甘味料、スパイスなどを加えて作るフレーバードワインの一種。冷やしても氷で割ってもたのしめる、フルーティーで飲みやすい低アルコールワインとして注目されてきました。近年では、スペイン風居酒屋・バル(バール)の流行により日本でも人気が急上昇。ワイン好きな人はもちろんのこと、ワインやお酒を飲み慣れていない人の間でも、好まれています。

「サングリア」の種類

サングリアは基本的に赤ワインをベースに作られますが、近年では白ワインやスパークリングワインが用いられることもあります。白ワインをベースとしたサングリアは「サングリア・ブランカ」、スパークリングワインをベースに作るサングリアは「スパークリング・サングリア」などと呼ばれています。

サングリアは、ベースに使うワインや果実の種類、風味づけに使うスパイスの組み合わせによって、無限のバリエーションがたのしめるお酒です。好みの味わいを手軽に追求できるのも、人気の秘密といえるでしょう。

「サングリア」のルーツと正統派レシピ

「サングリア」のルーツと正統派レシピ

mnimage/ Shutterstock.com

「サングリア」のルーツと語源

サングリアはスペイン発祥のお酒。詳しい記録は残されていませんが、その歴史は19世紀にまでさかのぼるといわれ、スペインでは国民的なお酒として親しまれてきました。

サングリアの語源は、スペイン語で「血」を表す「Sangre(サングレ)」。ベースとなる赤ワインの色が血の色に似ていることから、この名で呼ばれるようになったそう。

「サングリア」の正統派レシピとは

サングリアに明確な定義はありません。正統派のレシピは赤ワインがベースになりますが、決まったレシピは存在しないので、自由にアレンジをたのしめます。

基本の作り方はいたってシンプル。フルーツを数種類チョイスして適度な大きさにカットし、ワインに漬け込むだけとかんたんです。お好みでシロップやはちみつなどの甘味料をプラスしたり、風味づけにシナモンスティックなどのスパイスやブランデー、ラム酒などを加えたりしする場合も。

フルーツの味がなじむまでしばらく置けば、おいしいサングリアの完成です。果実の味がほどよく染み出すまで待つとおいしくいただけます。ただし、注意点があるので、次の章をお読みください。

「サングリア」はかんたんに作れますが酒税法違反に注意!

「サングリア」はかんたんに作れますが酒税法違反に注意!

Sofiaworld/ Shutterstock.com

「サングリア」は飲みきれなかったワインで手軽に作れるお酒

サングリアは、ワインやフルーツなどの材料と果実酒造りに使われる口が広めの空き瓶があれば、かんたんに作ることができます。ワインは厳選されたものである必要はなく、1本数百円のデイリーワインや余ったワインも活用することができます。

サングリアの作り方はインターネット上でも多数紹介されていますが、日本の法律に違反するレシピも存在します。

「サングリア」はレシピによっては酒税法違反に!?

サングリアは、作り方次第では酒税法違反に問われる可能性があるので注意が必要です。注意点を確認しましょう。

【酒造りには酒税免許が必要】

まず前提として、日本でお酒を造るには、酒類製造免許(酒造免許)の取得が義務づけられています。果実や穀物などの原料から酒類を製造する行為はいうまでもありませんが、お酒にほかの飲み物や材料を混ぜ合わせる「混和」という作業もまた、お酒の製造とみなされる可能性があります。酒造免許を持たずにお酒を製造して販売すれば、当然、酒税法違反となります。

【自家製果実酒には特例措置が適用される】

消費者が自分でたのしむことを前提に、自宅で酒類とその他の物品を混和する場合は、いくつかの特例措置が適用されます。自宅でサングリアを作る場合に関連する内容をピックアップしてみましょう。

<混和できる物品の範囲>
1、アルコール分20度以上かつ酒税が課税済みの蒸溜酒類」を使う(ワインのアルコール度数は高くても15度くらい)

2、混和が禁止されている物品以外のものを使う
※混和が禁止されている物品(国税庁のHPより引用)
(イ) 米、麦、あわ、とうもろこし、こうりゃん、きび、ひえ若しくはでん粉又はこれらのこうじ
(ロ) ぶどう(やまぶどうを含む。)
(ハ) アミノ酸若しくはその塩類、ビタミン類、核酸分解物若しくはその塩類、有機酸若しくはその塩類、無機塩類、色素、香料又は酒類のかす
(ニ) 酒類

3、1、2を満たして梅酒などを作るときも消費者が自ら消費する場合のみ例外的に製造行為としない

4、消費の直前に混和する場合のみ、製造行為としない

サングリアの場合、1の条件に当てはまらないので、自宅で作るのは、酒税法違反になってしまうのです。
サングリアを作ってみたいと思う人は必ず、国税庁のホームページなどで確認してみてください。

国税庁「お酒に関するQ&A(よくある質問)」:自家醸造
酒税法 電子政府の総合窓口

自家製「サングリア」を日本で作るには? レシピ・材料と注意点

自家製「サングリア」を日本で作るには? レシピ・材料と注意点

leonori/ Shutterstock.com

自家製「サングリア」を作るときのコツ

サングリアを日本の家庭で作る場合は、飲む直前にワインとフルーツを混ぜ合わせなければなりません。サングリアは、数時間から1日置くとおいしくなるといわれていますが、酒税法上の「直前」というルールからは外れてしまうので、日本の家庭で「本来のサングリア」は作ってはいけません。

そのため、漬け置きしなくてもフレッシュな甘味や香りが十分に染み出すよう、フルーツを細かくカットしておくとよいでしょう。また、果実の風味を十二分に引き出すため、あらかじめはちみつ漬けにしたり、シロップと混ぜ合わせておくのもおすすめです。準備が整ったら、飲む直前にワインを静かに注いで混ぜ合わせ、ブランデーなど風味づけのお酒を加えれば完成です。

「サングリア」におすすめの材料

サングリアのおもな材料は、ワインとフルーツです。ワインは赤だけでなく、白やロゼ、スパークリングなど、そのときの気分や好み、フルーツとの相性でチョイス。

フルーツもまたお好みで複数種類を用意。レモンやライム、オレンジ、りんご、マンゴー、白桃、バナナ、パイナップル、イチゴやラズベリー、ブルーベリーなど、見た目の色合いやフルーツ同士の相性を考えながら組み合わせます。

フルーツの代わりに、数種類のフレッシュジュースをミックスする場合も。甘めが好きな人は、シロップやはちみつを加えたり、シナモンスティックやペパーミントなどのハーブをプラスしてもおいしくいただけます。

「サングリア」のおいしい飲み方

「サングリア」のおいしい飲み方

Nataliya Arzamasova/ Shutterstock.com

自家製「サングリア」のおいしい飲み方

サングリアの飲み方はさまざま。白ワインのように冷やして飲んでも、氷を入れてオン・ザ・ロックで飲んでも、ソーダやジンジャエールなどのノンアルコール飲料で割っても、ホットにしてもおいしく味わえます。また、飲む直前にブランデーやラム酒、ビターズなどのお酒を加えれば、カクテル感覚でたのしむこともできます。

サングリアを飲み終わったあとに残ったフルーツは、そのまま食べることもできますが、ジャムやフルーツソースの素材として再利用することも可能です。また、デザート作りにも重宝するので、おいしく有効活用してください。

「サングリア」の市販品をたのしむ

サングリアの人気が高まるにつれ、本場スペインのレシピや酒造メーカーならではの製法で作られた市販品が続々と登場しています。アルコール度数10%未満の比較的飲みやすいものも多く、赤ワインベースをはじめ、白ワインベース、スパークリングベースと種類も豊富。商品によって使っている果物やスパイス、風味づけに使用しているお酒も異なるので、いろいろ飲み比べてお気に入りを探してみてください。

サングリアのバリエーションは無限大。ワイン通はもちろんですが、ワインを飲み慣れていない人やお酒が苦手な人でも自分のペースでたのしめます。いろんな組み合わせに挑戦して、奥深い味わいを堪能してみては?


ワイン初心者でも飲みやすいサングリアを作ろう!
ワインとフルーツを楽もう!フルーツワインとサングリアについて
「サングリア」の作り方と、気になる度数

おすすめ情報

関連情報

ワインの基礎知識