日本初の完全ノンアルコールバー「0%」が六本木にオープン! 新ジャンルのバーで"ゼロになる"体験を

日本初の完全ノンアルコールバー「0%」が六本木にオープン! 新ジャンルのバーで"ゼロになる"体験を

六本木のアートコンプレックスビル「ANB Tokyo」の1Fに、「飲まなくても酔える」体験を実現した完全ノンアルコールバー「0%」がオープンしました。単にノンアルコールドリンクを提供するに留まらない、様々な魅力を持つスポットです。

  • 更新日:

お酒でもない、ソフトドリンクでもない。朝から楽しめる、新感覚の「ノンアルバー」

「0%」は、日本初、アルコール類の提供が一切ない、完全なノンアルコールドリンクバー。

「お酒は苦手だけど、ソフトドリンクじゃ物足りない」「本格ドリンクとリッチなバーカウンターで上質な時間を過ごしたい」「ワインのように夢中になれる大人の嗜好品に出会いたい」……そんな方にはぜひおすすめの、朝10時から楽しめる新感覚のバーです。

お酒でもない、ソフトドリンクでもない。朝から楽しめる、新感覚の「ノンアルバー」

フルーツにバジルをあわせた爽やかな「A Real Pleasure ゼロ(0)になる」(¥1,500)
コールドブリューコーヒーにフレッシュグレープフルーツをあわせた「Goldentree キンモク星」(¥1,000)
ナチュールワインのような味わいの「コンブチャスパークリング」(¥900)

など、新感覚のドリンクメニューが20種類以上。一部メニューは、世界のトップ50を決める「The World’s 50 Best Bars」に3店舗がランクインする「SG Group」の後閑信吾氏が考案したものです。

お酒でもない、ソフトドリンクでもない。朝から楽しめる、新感覚の「ノンアルバー」

お酒が苦手な人はもちろん、お酒好きな人にも新しいジャンルとして楽しむことができる奥深い味わいをたのしめ、ハーブやスパイス、発酵食品など体に嬉しい材料が含まれるものもあり、妊娠中の人や親子連れも訪れることができます。

<関連記事>
焼酎の可能性を世界に開く、「The SG Shochu KOME / IMO / MUGI」

フードはすべてヴィーガン対応

フードはすべてヴィーガン対応

すべての人が等しく楽しめるように、フードはすべてヴィーガン対応。「罪悪感のないジャンクフード」をテーマに、これがヴィーガン? と思えるほどのリッチな味わいと食感を実現。また、近日中にデリバリーの対応も予定しているそうです。

「Vegan Quesadilla w/ Fried Avocado アボカドフライ ケサディーヤ」(¥1,200)
「Vegan Quesadilla w/ Buffalo Cauliflower バッファローカリフラワー ケサディーヤ」(¥1,200)
「CBD Chocolate Brownie CBDチョコブラウニー」(¥650)
「Today's Vegan Ice Cream 本日のヴィーガンアイス」(¥500)

「飲まなくても酔える」体験型メニューも

「飲まなくても酔える」体験型メニューも

脳に響く「ASMRサウンド」を聴きながら楽しむドリンクや、リラックス効果のあるCBDオイル、デジタルデトックスができるメニューなど、体験型のメニューも揃っています。

頭を空っぽにしてリフレッシュしたいと感じたときに、「ノンアルコールバーに行く」という選択肢を持ってみるのはいかがでしょうか。

「Nepalade with ASMR sound ネパレード、流星ジャーニー」(¥1,500)
「Focus with CBD oil CBDオイル」(¥500)
「Digital Detox デジタルデトックス」(¥500)

※メニュー・価格は変更となる場合あり。

内装・アートディレクションは「YAR」が手がける

内装・アートディレクションは「YAR」が手がける

内装とアートディレクションは、国内外を問わず数多くのグラフィックなどを手がける注目のアーティスト・YOSHIROTTENが率いるクリエイティブスタジオ「YAR」、設計は住居・店舗・オフィス空間などを数多く手がける「TATO DESIGN」がそれぞれ担当。

内装・アートディレクションは「YAR」が手がける

ミラーオブジェには、揺らいだ六本木の街が映り、異世界にトリップしたような感覚。その光はまるで宇宙船の窓から見える赤い月か、あるいは遠い惑星の海に映る太陽のよう。見る人の心によって変化していく未来の風景が、朝・昼・夜と移りかわっていきます。

また現在、ギャラリースペースにもなる店内の一室では、ノンアルコールドリンクの体験をイメージした期間限定の映像を上映中。鑑賞しながらノンアルコールドリンクを頂ける空間となっています。

<上映期間>
2020年7月16日(木)~8月31日(月)

朝10時から営業、全席にコンセント・Wi-Fiを完備しており、1日を通して楽しむことのできる「0%」。単にノンアルコールドリンクを味わうだけでなく、今までにないバーの魅力を味わってみてはいかがでしょうか。

新型コロナウイルス感染症対策について

「0%」は現在、当面の間夜の営業時間を短縮し、ソーシャルディスタンスを保つため入店人数を制限して営業中です。入店時には検温を行い、37.5℃以上の場合は入店お断りとなります。

また、従業員はマスクを常時着用して接客を行っているほか、自宅でも楽しむことのできるデリバリー対応の準備も進められています。

「0%」店舗概要

コンセプトは、「宇宙にできた最初のバー」

コンセプトは、「宇宙にできた最初のバー」

ここは、宇宙にできた最初のバー。

頭から降りそそぐ透き通った音
空間を包み込む柔らかな光
人類のエネルギーを感じるアート

惑星も種族も超えて、すべての生き物が等しく、日常のしがらみから心を解き放って自由な時間を過ごせる場所。
口から流れ込む豊かな味と香りに意識を傾けて、考えることをやめる時間。
五感覚を「今」に集中し、心をいっときゼロにすることで、
自分でも気づかなかったイマジネーションが湧き出てきます。

「飲まなくても酔える」新感覚の体験を。

PHILOSOPHY(プロデューサー・山本麻友美氏)

PHILOSOPHY(プロデューサー・山本麻友美氏)

お酒が飲めない人にとって、おしゃれなレストランに行っても選択肢といえばジュースや炭酸飲料、素敵なバーでノンアルコールを頼むのはちょっと気が引ける…。そんな経験に違和感を感じていました。
NYやロンドンには、クールなノンアルコール専門のバーがあり、ノンアル派も楽しめる選択肢がたくさんあります。日本にもそんなお店があったらいいのに、という想いからこのお店をオープンしました。

お店の名前には、「人々の心を0(%)にする」という意味も込めています。
毎日たくさんの情報を浴び続けている現代において「何も考えない時間」が日常から消えていっています。こんな時代だからこそ一度心をリセットし、もっと世界にワクワクできるピュアで元気な心を取り戻す、“マインドクレンズ”の時間が必要。
店内には、考えなくても五感で違和感を感じる仕掛けがたくさんあります。「ノンアルバーに行く」ということが自分の感覚に向き合う時間へのスイッチになったら嬉しいです。

山本麻友美
2012年 DeNA新卒入社。新規事業の立ち上げ、アプリのUIデザイナーを経験。
2015年 女性向けキュレーションメディア「MERY」のイベントプロデュースやCMの制作を経て独立。
2018年 PR・ブランディングを手がける株式会社HOMESICKを設立。
2019年 The Human Miracle株式会社(旧リアル株式会社)取締役に就任。

<営業時間>
10:00~22:00

<住所>
東京都港区六本木5−2−4 ANB Tokyo 1F

<公式サイト>
http://0pct.tokyo/

<公式Instagram>
@0pct_tokyo

Wi-Fiあり、全席コンセントあり
ドリンク・フードはヴィーガン対応

<Credit>
メニュー写真 / Photos: Keita Sawa
コンセプト写真 / Photos&Videos: Hayato Iki, Stylist: Hideyuki Kanemitsu, Make-up: Nao Yoshida, Hair: Chika Ueno, Model: RHYME, EunSang
店内写真 / Photos: 刀祢平喬

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、営業日・時間などが変更になる可能性があります。お出かけの際は公式HPやSNS等のご確認をおすすめします。

おすすめ情報

関連情報

カクテルの基礎知識