ワイン王国・フランスの赤ワインの魅力とは?

ワイン王国・フランスの赤ワインの魅力とは?
出典 : MPH Photos / Shutterstock.com

フランスといえば世界が憧れるワイン王国であり、赤、白、ロゼにシャンパーニュと、各地でさまざまなワインが造られています。今回は、フランスの赤ワインに注目し、2大名産地であるボルドーとブルゴーニュやその他の産地や、フランスの赤ワインを選ぶポイントについて紹介します。

  • 更新日:

フランスは世界最高峰の赤ワインを多数生み出すワイン大国

フランスは世界最高峰の赤ワインを多数生み出すワイン大国

HQuality / Shutterstock.com

フランスは数々の高級ワインで知られるワインの王国

フランスは優れたワインの原産国として知られ、ワイン造りの歴史は紀元前600年頃までさかのぼります。近年の生産量はイタリアに次いで2位、消費量はアメリカに次いで2位であるフランスはほぼ全土でワインの生産が行われ、まさにワイン大国と呼ぶにふさわしい存在といえます。
長い歴史と伝統から生み出される繊細で複雑な味わいを持つフランスワインは、その品質の高さでほかの追随を許さず、世界に名だたる高級ワインを多く生み出しています。「ロマネ・コンティ」や「ペトリュス」「シャトー・マルゴー」などの赤ワインは、ワインに詳しくなくてもその名を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

フランスワインの個性と品質を守るワイン法

フランス各地の生産地では、土地や気候に合わせたブドウ栽培が行われ、多種多様な味わいのワインが生み出されています。
こうした産地ごとのワイン造りを守るため、フランスではワイン法による格付けが定められています。とくに最上級のカテゴリーである「AOP」(原産地呼称保護ワイン)には、地域や品種、醸造法などワイン造りについての細かい基準が設けられています。このような厳しい統制により、各地域のワインの豊かな個性と品質が守られているのです。

フランスの赤ワインを代表するボルドーとブルゴーニュ

フランスの赤ワインを代表するボルドーとブルゴーニュ

Gustavo Frazao / Shutterstock.com

フランス赤ワインの代表格・ボルドーとブルゴーニュの違いとは

フランスが有する数々の銘醸地のなかでも、赤ワインの産地としてとくに有名なのがボルドーとブルゴーニュです。東のブルゴーニュ、西のボルドーとして並び称される2大名産地ですが、その製法や格付けの仕方は大きく異なっています。

【ボルドー】

フランス南西部にあるボルドーでは、ワイン生産量の8割以上を赤ワインが占めています。数種類の品種のブドウをブレンドして造られ、その優雅な味わいは「ワインの女王」と呼ばれています。
ボルドーでブドウ畑を所有し、栽培から醸造、熟成、瓶詰までを一貫して行う生産者は「シャトー」と呼ばれ、とくに「ボルドーの5大シャトー」は、世界最高峰のワインの造り手として知られています。

ワインの産地「ボルドー」について知っておきたいこと

【ブルゴーニュ】

フランス東部に位置するブルゴーニュは、赤ワイン・白ワインのいずれにおいても名高い産地であり、「ワインの女王」と称されるボルドーに対し、ブルゴーニュは「ワインの王」と呼ばれています。ブルゴーニュワインは単一品種のブドウから醸造されるのが大きな特徴です。
ブルゴーニュの北部は、「ロマネ・コンティ」をはじめとする高級ワインで知られる一方、最南端のボージョレ地区は軽やかな味わいの新酒「ボージョレ・ヌーヴォー」が有名です。

ワインの産地「ブルゴーニュ」について知っておきたいこと

フランスのボルドー・ブルゴーニュ以外の赤ワイン産地

フランスのボルドー・ブルゴーニュ以外の赤ワイン産地

Rudmer Zwerver / Shutterstock.com

フランスには優れた赤ワインの産地が多数存在する

フランスには、ボルドー、ブルゴーニュ以外にも優れた赤ワインの産地がいくつもあります。以下の地域は、品質や生産量においてとくに優れているといわれています。

【コート・デュ・ローヌ】

フランス南東部に位置するコート・デュ・ローヌは、多種多様なワイン造りが行われている産地です。赤ワインはおもに北部で造られ、「シラー」を使用した濃厚な味わいは高い評価を得ています。

【ラングドック・ルーション地方】

南フランスでは、コストパフォーマンスが高い赤ワインが多く造られています。地中海に面したラングドック・ルーション地方では、太陽の恵みをたっぷりと受け、低価格ながら果実の凝縮感のある高品質な赤ワインが多く生産されています。

ワインは国ごとに異なる特徴が! ワインと原産国の関係とは?

フランスの赤ワインの選び方

フランスの赤ワインの選び方

ImYanis / Shutterstock.com

フランスの赤ワイン選びは産地・品種・ボディに注目

フランスの赤ワインとひと口にいっても、その種類はあまりに多く、初心者はどれを選んだらよいか迷ってしまうかもしれません。
そこでワインの選び方として、前述のような「産地」に注目するのもひとつの方法です。
ほかにも、ボルドーで栽培されるタンニン豊かな「カベルネ・ソーヴィニヨン」、スパイシーな「シラー」、なめらかな「ピノ・ノワール」、フレッシュな果実味の「ガメイ」など、ブドウの「品種」に注目するのもよいでしょう。
また、赤ワインの場合は、「フルボディ」「ミディアムボディ」「ライトボディ」といった味わいの重さも判断の基準になります。

ワインのボディって何?ワインの味わいを表す言葉を学ぼう!

フランスの赤ワインは、ボルドー・ブルゴーニュという2大産地をはじめ産地ごとに個性があり、その味わいは多種多様です。地域ごとの個性や品種の違いにも注目して、ワイン選びをたのしみたいですね。

おすすめ情報

関連情報

ワインの基礎知識