銘酒「田酒」を味わうための「津軽びいどろ」のおちょこを、青森・西田酒造店にて限定販売!

銘酒「田酒」を味わうための「津軽びいどろ」のおちょこを、青森・西田酒造店にて限定販売!

工芸品「津軽びいどろ」の北洋硝子と、銘酒「田酒(でんしゅ)」の西田酒造店。ともに青森で活動する2社がコラボレーションし、「田酒」専用のおちょこが現地限定にて発売されます。

  • 更新日:

港町・青森が生んだ工芸品「津軽びいどろ」

港町・青森が生んだ工芸品「津軽びいどろ」

1949年、漁業用の浮玉(うきだま)製造から始まった北洋硝子と、銘酒「田酒」を醸造する西田酒造店がコラボレーション。とっておきの「おちょこ」が登場します。

田酒×津軽びいどろ コラボおちょこギフトセット

<写真>
田酒×津軽びいどろ コラボおちょこギフトセット(津軽びいどろ製、田酒・津軽びいどろロゴ入り仕様、ギフトBOX入、価格¥6,800 税別)
各おちょこの単品販売(個箱入、¥1,300 税別)もあり。西田酒造店の店頭限定販売。

「津軽びいどろ」は、北洋硝子が長年の浮玉製造で培った「宙吹き」の技法を使用して、1977年に誕生したハンドメイドガラスのブランド。コンセプトである「四季を感じるハンドメイドガラス」の通り、青森が、そして日本が大切にしてきた、四季を色彩豊かに表現したクラフトガラスです。

<津軽びいどろブランドサイト>
https://tsugaruvidro.jp

<石塚硝子ハウスウェアカンパニー 公式URL>
https://www.ishizuka.co.jp/pb/houseware/
※津軽びいどろを作る北洋硝子株式会社は、石塚硝子株式会社のグループ企業です。

青森を代表する辛口の銘酒「田酒」

青森を代表する辛口の銘酒「田酒」

「田酒」は、「喜久泉」と並ぶ、明治11年(1878年)創業の西田酒造店を代表する銘柄。「日本酒の原点に帰り、風格ある本物の酒を造りたい」という思いのもと、昭和49年(1974年)、3年の開発期間を経て発売されました。醸造用アルコールや糖類は一切使用していない、米の旨味を感じられる日本酒です。

<西田酒造店 公式URL>
http://www.densyu.co.jp/index.html

コラボの実現にはキャンペーン「あおもりの肴」が貢献

コラボの実現にはキャンペーン「あおもりの肴」が貢献

コラボレーションに際しては、漁師たちを「裸エプロン」にするという謎の企画で話題となっている、青森県による水産物・特産品アピールキャンペーン「あおもりの肴」がコーディネーターを務めました。

今回の販売は西田酒造店の店頭限定となっており、現地に行かなければ購入することができないため、青森を訪れる機会がある場合は、是非立ち寄ってみてください。

現地で「田酒」を、青森のガラス職人がつくる「津軽びいどろ」で味わえば、その後自宅で味わう際に青森の情景が頭に浮かび、2度目の感動を覚えることができるかもしれませんね。

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識