ホットウイスキーで、カラダも心もリラックス!

ホットウイスキーで、カラダも心もリラックス!
出典 : Dmytro Zinkevych/ Shutterstock.com

ホットウイスキーは、カラダと心を温めるには最適なウイスキーのたのしみ方。冬の飲み物というイメージがありますが、肌寒い秋や春先に楽しむ人も多いとか。ウイスキーを温めることで、また違ったおいしさを引き出すことができます。今回はホットウイスキーの魅力やたのしみ方を紹介します。

  • 更新日:

ホットウイスキーは立ち昇る香りを楽しもう

ホットウイスキーは立ち昇る香りを楽しもう

SeaRick1/ Shutterstock.com

ホットウイスキーは本場・スコットランドでも定番のたのしみ方

「ホットウイスキー」とは、ウイスキーを適量のお湯で割る飲み方で、文字通りホットでたのしむウイスキー。
ウイスキーの飲み方としては、「ロック」や「ストレート」が王道と言われますが、決してホットウイスキーが邪道というわけではありません。ウイスキーの本場・スコットランドでも親しまれている定番の飲み方です。

ホットウイスキーで、さらに際立つウイスキーの香り

ホットウイスキーを飲む際に、ぜひ堪能してもらいたいのが「香り」。ウイスキーの香りは、もちろんロックやストレートでもたのしめますが、ホットにすることで香りがさらに際立つ傾向があります。
湯気とともに立ち昇るホットウイスキーの香りが、寒さに固まったカラダと気持ちをリラックスさせてくれるでしょう。

おいしいホットウイスキーを作るコツ

おいしいホットウイスキーを作るコツ

optimarc/ Shutterstock.com

ホットウイスキーをおいしくたのしむためには

ホットウイスキーは、平たく言えば「ウイスキーのお湯割り」。そう聞くと、誰でもカンタンに作れそうですが、適当にお湯で割るだけではおいしいホットウイスキーは作れません。
ここでは、香りをしっかり際立たせて、おいしく飲めるホットウイスキーの作り方を紹介します。

【グラスはあらかじめお湯で温めておく】

ホットウイスキーを注ぐグラスは、あらかじめお湯を注いで温めておきましょう。後から入れるお湯が冷めづらくなります。
ウイスキーは色合いもたのしみのひとつなので、中身の見えない陶製のグラスよりも耐熱グラスがオススメです。

【80℃ほどのお湯を準備】

ホットウイスキー用のお湯は80度前後がオススメ。温度が高すぎると、せっかくの香りが飛んでしまうので、お湯を沸騰させたら少し落ち着かせましょう。

【先にウイスキーを注ぎ、後から2~3倍のお湯でゆっくり割る】

まずはグラスの1/3~1/4くらいのウイスキーを注ぎ、その2~3倍量のお湯をゆっくり注いで割っていきましょう。この割合はあくまでも目安。お好みに合わせて濃度を調節してください。

ホットウイスキーにおすすめのトッピングとおつまみ

ホットウイスキーにおすすめのトッピングとおつまみ

karenfoleyphotography/ Shutterstock.com

ホットウイスキーのアレンジをたのしもう!

ホットウイスキーは、そのままでもおいしくいただけますが、好みの味にアレンジするのもたのしみのひとつ。ホットウイスキーをよりたのしめるトッピングを紹介します。

【ホットウイスキーに柑橘やハーブをトッピング】

ホットウイスキーは、オレンジやレモンなどの柑橘やシナモン、クローブなどのハーブと好相性。スライスしたオレンジやレモンを浮かべたり、シナモンスティックをグラスに差したりすることで、一味違ったホットウイスキーをたのしめます。

【ホットウイスキーにジャムやハチミツで甘さをプラス】

ウイスキーを飲み慣れていない人や、甘さを求める人には、スプーン一杯程度のジャムやハチミツを加えるのもオススメ。まろやかさも増して、ほっとする味わいをたのしめます。

ホットウイスキーの定番おつまみはナッツやチョコレート

ホットウイスキーは、単独でたのしむのもよいでしょうが、やはりおつまみも欲しくなるもの。
ナッツと合わせる場合は、ホットウイスキーのしっかりした香りに負けないよう、味に主張のあるナッツが好相性。塩気の強いものや、キャラメルやチョコレートがかかったものはいかがでしょう。
甘味があるチョコレートと合わせる場合は、ホットウイスキーにはジャムやハチミツは加えないほうが無難です。溶けやすい生チョコレートは、ホットウイスキーと口内で溶け合って絶妙な味わいを生み出します。

ホットウイスキーは、ほっとリラックスしたい時などに最高の飲み物です。機会があればぜひ、試してみてください。

おすすめ情報

関連情報

ウイスキーの基礎知識