創業470周年を迎えた小西酒造が2020年春夏の新作日本酒を発表

創業470周年を迎えた小西酒造が2020年春夏の新作日本酒を発表

小西酒造から、春夏にぴったりな3商品が2020年3月に出荷が開始されます。どれもすっきりした飲み口で、これからの季節にふさわしい日本酒です。

  • 更新日:

創業470年を迎える小西酒造が送る、2020年春夏商品

小西酒造は、清酒「白雪」でおなじみの、兵庫県伊丹市に本社を置く酒造。創業は天文19年(1550年)といわれ、日本でも有数の長い歴史を持つ同社は、今年で創業470年を迎えます。

400年以上にわたり、時代が変わっても、変わらず暮らしに楽しさを添える一杯を提供し続けてきた小西酒造。この春は、生酒やにごり酒をはじめ、お酒をもっと多彩に楽しめる商品が登場します。どれもすっきりした飲み口が特徴で、春夏の季節ににぴったりのお酒ですよ。

碧冴えの澄みきり純米

さらにおいしくなってリニューアル

碧冴えの澄みきり純米

従来の風味の特徴はそのままに、“澄みきった飲み口”をさらに追求。すっきりとした後味で、さらに磨きがかかった「冴える」味わい、「澄みきった」味わいを届けます。

さらに、パッケージもキラッと光るラベルにリニューアル。より冴えわたるおいしさが表現されています。

商品概要

碧冴えの澄みきり純米

<メーカー参考小売価格>
各800円・380円(消費税別)
※商品価格は記事執筆時点のものとなります。ご購入の際には価格が異なる場合がありますのでご注意ください。

<容器・容量>
各720ML・300ML瓶詰

<アルコール度数>
15度以上16度未満

<日本酒度>
+2

<出荷予定時期>
2020年3月

<公式URL>
http://www.konishi.co.jp/product/detail.php?id=1&did=138&c=10003

白雪 純米酒 生酒 氷温熟成720ML瓶詰

しぼりたての美しさを味わえる人気の生酒、今年も登場!

白雪 純米酒 生酒 氷温熟成720ML瓶詰

昨年は完売した、季節限定の「白雪 純米酒 生酒 氷温熟成720ML瓶詰」が今年も登場。しぼりたての純米酒を氷温熟成させることで、まろやかな口当たりと爽やかな味わいを実現しました。フレッシュ感のあるパッケージで、お酒の鮮度という味わいを届ける季節限定の純米生酒です。

商品概要

<発売地域>
北海道・沖縄・離島を除く日本国内

<容器・容量>
720ML瓶詰

<価格>
オープン価格

<アルコール度数>
15度以上16度未満

<日本酒度>
+2

<出荷予定時期>
2020年3月

<公式URL>
http://www.konishi.co.jp/product/detail.php?id=1&did=165&c=10003

白雪純米にごり酒720ML瓶詰

冷やしてそのまま、たまには気分を変えてカクテルにも。

白雪純米にごり酒720ML瓶詰

どっしりとした飲み口が特徴のにごり酒の中でも、なめらかな口当たり、やさしい甘みでありつつ、すっきりとした後口を味わえる純米にごり酒。そのまま冷やしていただくのもおいしいですが、今話題の日本酒カクテルのベースとしてもおすすめ。好きなカクテルのベースをにごり酒に変えるだけで、お酒の楽しみ方が広がりますよ。

商品概要

<メーカー参考小売価格>
1,080円
※商品価格は記事執筆時点のものとなります。ご購入の際には価格が異なる場合がありますのでご注意ください。

<容器・容量>
720ML瓶詰

<アルコール度数>
13度以上14度未満

<日本酒度>
-18

<公式URL>
http://www.konishi.co.jp/product/detail.php?id=1&did=157&c=10003

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識