サッポロビールより、新ヴィンテージの「辛口」なロゼワインが登場

サッポロビールより、新ヴィンテージの「辛口」なロゼワインが登場
出典 : Tatevosian Yana/ Shutterstock.com

ボトリング後すぐにフランスから空輸されたフランスワイン「エム・ド・ミニュティ」と「タリケ ロゼ」の2019年新ヴィンテージの2商品が、サッポロビールから3月19日より全国で限定発売されます。

  • 更新日:

世界で人気も、日本ではまだまだ定着していないロゼワイン

Fenea Silviu/ Shutterstock.com

ロゼワインのロゼとはフランス語で「バラ色」の意味。ちょうど赤ワインと白ワインの中間のようなピンク色の見た目が特徴です。

そんなロゼワインは今、世界的に人気となっており、世界のワインマーケットの中で10%以上の売り上げを占めるほどに成長しています(注1)。特にフランスでは「食と合わせやすい」「季節を問わずに楽しめる」ことから、白ワインを抜いて売り上げの30%をロゼワインが占めています(注2)。

(注1)出典:Observatoire du Rose CIVP
(注2)出典:Nielsen data

一方、日本ではロゼワインといえば「甘口」「初心者向け」「女性向け」のイメージが強く、世界で人気となっている要因である「フレッシュな味わい」「辛口」「食事に合う」などといったロゼワインの持ち味の認知度は高いとはいえません。

フレッシュで辛口なロゼワインをリーズナブルに!

Yulia Grigoryeva/ Shutterstock.com

そんなロゼワインの「フレッシュな美味しさ」に着目したサッポロビールが、「エム・ド・ミニュティ」「タリケ ロゼ」の2商品をフランスから空輸便で輸入することを決定。1,000~2,000円台の新ヴィンテージを届けるほか、3月19日をロゼ2019年ヴィンテージの解禁日と設定するなどの取り組みを行い、ロゼワインの魅力を日本に発信しています。

ロゼのイメージが変わるフレッシュなワインを、リーズナブルに楽しんでみませんか。

エム・ド・ミニュティ 空輸便2019年ヴィンテージ

エム・ド・ミニュティ 空輸便2019年ヴィンテージ

<パッケージ>
750mlびん・コルク

<品目>
果実酒

<発売日・地域>
2020年3月19日・全国

<アルコール分>
13%

<中味特長>
ロゼ・辛口
淡い色合いでフレッシュ、果実味があふれ、飲みやすいワイン。

<参考小売価格>
2,400円(税抜)

タリケ ロゼ 空輸便2019年ヴィンテージ

タリケ ロゼ 空輸便2019年ヴィンテージ

<パッケージ>
750mlびん・スクリューキャップ

<品目>
果実酒

<発売日・地域>
2020年3月19日・全国

<アルコール分>
12%

<中味特長>
ロゼ・辛口
バラとワイルドベリーのアロマが漂う中にほんのりスパイスを感じさせる。
熟した果実の旨みとピチピチした舌触りも心地よく、自然の恵みと上質感が楽しめる。
タパス、イタリアン、エスニック料理など幅広く楽しめるオールマイティーなワイン。

<参考小売価格>
1,500円(税抜)

※海上輸送で輸入する「タリケ ロゼ」を2020年5月に通年発売の予定。

おすすめ情報

関連情報

ワインの基礎知識