ワインを醸し始めた老舗温泉宿/長野県・小諸市にある『中棚荘』と『ジオヒルズワイナリー』の物語

ワインを醸し始めた老舗温泉宿/長野県・小諸市にある『中棚荘』と『ジオヒルズワイナリー』の物語

1898年に長野県小諸市で創業した温泉旅館『中棚荘(なかだなそう)』。5代目荘主の富岡正樹さんは2002年にブドウ栽培を始め、5年後に『マンズワイン』での委託醸造で『中棚シャルドネ』が誕生。さらにワインを究めるべく、2018年に『ジオヒルズワイナリー』を開所。家族で力を合わせ、ワイン醸造に取り組んでいる。

  • 更新日:

『中棚メルロー』(赤・ミディアムボディ)。ステンレスタンクと樽で発酵したワインを半々でブレンド。

中棚荘
長野県小諸市古城中棚
TEL/0267-22-15114
アクセス/JR・しなの鉄道小諸駅よりタクシーで約5分。徒歩なら下り道で約20分。


中棚荘の詳細はこちら

ジオヒルズワイナリー
長野県小諸市大字山浦富士見平5656
TEL/0267-48-6422
カフェ営業時間/10:00~16:00(不定休)
ランチ営業時間/11:30~14:00(金・土・日のみ)
定休日/不定休
アクセス/JR・しなの鉄道小諸駅よりタクシーで約15分。


ジオヒルズワイナリーの詳細はこちら

ワイナリーでブドウの栽培や醸造について学んだ後は、畑とその背後に連なる山々を眺めながらのランチ。さらに宿に移動して温泉で寛ぎ、登録有形文化財のダイニングで夕食とワインを味わうという贅沢さ。家族の温もりも感じられる温泉とワインの旅へ出かけてみませんか?

ライタープロフィール

とがみ淳志

(一社)日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート/SAKE DIPLOMA。温泉ソムリエ。温泉観光実践士。日本旅のペンクラブ理事。日本旅行記者クラブ会員。国内外を旅して回る自称「酒仙ライター」。

おすすめ情報

関連情報

ワインの基礎知識