「ウイスキーキャット」は害獣駆除員だった!【ウイスキー用語集】

「ウイスキーキャット」は害獣駆除員だった!【ウイスキー用語集】
出典 : Anna Biancoloto/ Shutterstock.com

「ウイスキーキャット」と呼ばれる猫がいることを知っていますか? 元々は、ウイスキーの原料となる大麦を狙うネズミや鳥を駆除するのが役割だったウイスキーキャットですが、現在では、マスコット的な存在としても親しまれているのだとか。ここでは、そんなウイスキーキャットの歴史や現状について解説します。

  • 更新日:

「ウイスキーキャット」は蒸溜所専属の番猫?

「ウイスキーキャット」は蒸溜所専属の番猫?

Bildagentur Zoonar GmbH/ Shutterstock.com

おいしいウイスキーの影にウイスキーキャットあり

「ウイスキーキャット」とは、ウイスキー蒸溜所に欠かせない、番犬ならぬ“番猫”のこと。
蒸溜所には、ウイスキーの原料となる大麦などの穀類がたくさん保管されていて、それらを狙ってネズミや鳥がやってきても不思議はありません。そこで登場するのが、古くから害獣駆除を目的に蒸溜所で飼われてきたウイスキーキャットです。
蒸溜所の樽の上でのんびりと寝そべる猫の姿は、じつは高品質なウイスキー造りの証とも言えるのです。

さすらいのウイスキーキャットたち

ウイスキーキャットは、そもそも害獣駆除を目的に飼われる場合もあれば、野良猫が勝手に蒸溜所に住み着いてしまうこともあるのだとか。
なかには、同じ地域で複数の蒸溜所をわたり歩くこと猫もいるのだとか。また、一匹だけでなく、何匹もの猫の姿が見られる蒸溜所もあるそうです。
ウイスキー造りの背景には、造り手たちの人間模様だけでなく、さまざまなウイスキーキャットたちの“猫模様”もあったと思えば、ウイスキーがより親しみ深く感じられるかもしれませんね。

「ウイスキーキャット」が銅像になった!

「ウイスキーキャット」が銅像になった!

Gelia/ Shutterstock.com

おいしいウイスキーを育んだウイスキーキャットたち

ウイスキーキャットのなかには、腕のよい評判の駆除猫や、宣伝活動が得意の猫もいました。なかでも高名なウイスキーキャット2匹を紹介します。

【ギネスブックにも掲載された「タウザー」】

スコットランドで現存する蒸溜所のなかで最古参のひとつが、ハイランド地方にある「グレンタレット蒸溜所」。ここには「タウザー」という名のウイスキーキャットの銅像があります。
タウザーは、1963年から87年まで在籍し、仕留めたネズミを毎朝スチルハウス(蒸溜棟)に持って来ていたそうです。その数を集計した結果、生涯に仕留めたネズミの数が28,899匹に達し、ウイスキーキャットの世界記録としてギネスブックに掲載されました。

【広告塔として活躍したウイスキーキャット「エリヤ」】

アメリカ、ケンタッキー州でバーボンを製造するウッドフォードリザーブ蒸溜所には、「エリヤ」という名の猫が評判でした。
エリヤは人懐っこい猫で、蒸溜所を訪れる人たちの人気の的でしたが、訪れる人たちからもらう餌で満足したためか、肝心のネズミを捕まえることは、ほとんどなかったとか。
それでも、エリヤに会いたくてこの蒸溜所を訪れる人が多く、害獣駆除というよりは広告塔として宣伝活動に貢献したウイスキーキャットでした。

「ウイスキーキャット」は蒸溜所のPR大使

「ウイスキーキャット」は蒸溜所のPR大使

Pavel_nvkz/ Shutterstock.com

ウイスキーキャットは今も活躍する

現代のウイスキー蒸溜所は、昔と比べ設備や衛生面でも改善が進み、ネズミが出没することもほとんどなくなりました。
それに伴って、害獣駆除員としてのウイスキーキャットの役割はなくなりつつありますが、新たに“蒸溜所の看板猫”としての役割が生まれ、今もウイスキーキャットは昔と変わらず活躍中です。

現代のPR大使「ウイスキーキャット」

日本でも、猫の駅長が人気となり、赤字路線だった駅が復活するなど、猫が果たすPR効果は大きなものがあります。
同様に、ウイスキーキャット目当てに蒸溜所を訪れ、SNSでも人気の的となっているマスコット的な猫たちもたくさんいます。
現代のウイスキーキャットは、まさしく蒸溜所のPR大使と言えそうです。

ウイスキーキャットは、蒸溜所の害獣駆除員からPR大使へと、その役割を変えつつあります。時代は変わっても、ウイスキー蒸溜所には猫の存在が欠かせないのかもしれませんね。ウイスキーファンもネコファンも、今後のウイスキーキャットの活躍に期待しましょう。

おすすめ情報

関連情報

ウイスキーの基礎知識