「コートヤード新大阪ステーション」最上階のバーで、秋にぴったりなベジタブルカクテルを味わう

「コートヤード新大阪ステーション」最上階のバーで、秋にぴったりなベジタブルカクテルを味わう

コートヤード・バイ・マリオット新大阪ステーション(大阪市淀川区)では、2019年9月1日(日)~11月30日(土)の期間、ホテル最上階(19階)のバー「Bar19」にて、 秋の訪れを祝う“Evening High Tea~Enjoy the taste of Autumn~”を開催中です。

  • 更新日:

目次

  • Evening High Tea~Enjoy the taste of Autumn~

Evening High Tea~Enjoy the taste of Autumn~

「イヴニングハイティー」とは、アフタヌーンティーよりもさらに遅い時間、夕食として行うティータイムのこと。コートヤード・バイ・マリオット新大阪ステーションが今回提供する秋のイヴニングハイティーでは、「野菜」がテーマとなっています。20種類以上の野菜を一口サイズで楽しめるキッシュやワッフルなどのアペタイザーのほか、バーニャカウダーやじっくりと煮込んだポトフなど、バリエーション豊かにアレンジされた料理の数々を楽しむことができます。

Evening High Tea~Enjoy the taste of Autumn~

※イメージ

1stプレート(写真中段)/小さな野菜とカッテージチーズのワッフル、秋茄子のキッシュ、きのこのグレッグ、キャロットムースのコンソメゼリー
2ndプレート(写真上段)/季節野菜のバーニャカウダー
3rdプレート(写真下段)/真鯛のグリル もち麦のリゾット
メインプレート/牛ホホ肉とゴロゴロ野菜のポトフ(人参、ジャガイモ、芽キャベツ、ペコロス 他)
デザート/シナモン風味のパンプキンパイとバニラアイス

※要予約(前日17:00まで)。
※2名より。
※プラス700円でメインプレートを「マハラジャバーガー」に変更可能。

ユニークなベジタブルカクテル

料理はもちろん、カクテルも野菜をふんだんに使ったユニークなものが用意されており、シャンパングラスを片手に、料理とのマリアージュに酔いしれるひとときを過ごすことができます。

ユニークなベジタブルカクテル

※イメージ

(写真左より)

・Pumpkin Pudding ~Adult Sweets Cocktail~/パンプキンプリン ~大人のスイーツカクテル~
奈良県で作られているカボチャリキュールを使い、濃厚なカボチャの甘みにカカオリキュールとクリームでカボチャプリンを食べているようなスイーツカクテルに。

・Burdock root infusion Cocktail/ゴボウインフュージョンカクテル
スライスしたゴボウをフライしウォッカに漬け込んだオリジナルウォッカベースのショートカクテル。素材の風味を生かしたごぼうの優しい味わいが魅力。

・Piquant Martini/スパイシーマティーニ
ジンに乾燥唐辛子を漬け込んだオリジナルジンベースのショートカクテル。オリーブのエキスを入れる事によりスパイシーな味わいの中にまろやかなアクセントが感じられます。

・Corn Smoothie ~Potage soup taste Cocktail~/コーンスムージー ~ポタージュスープテイストカクテル~
トウモロコシの程よい甘味を味わえるスムージーカクテル。玉子のリキュールとクリーム、つぶつぶの食感もありポタージュスープのような味わいを愉しめます。

・S&S Cooler ~Sweet and Sour~/エス&エスクーラー ~スウィート&サワー~
アプリコットの甘みとトマトの酸味がマッチングしたロングカクテル。デコレーションのフレッシュミニトマトを食べながら変化する味のバリエーションがポイントです。

※カクテルは通常各1,600円(消費税・サービス料別)ですが、「コーンスムージー」以外はハイティープランのフリーフローにて楽しむことができます。

その他のドリンクとして、ヴーヴ・クリコイエローラベル、赤・白ワインのほか、ティータイムにふさわしい10種類のオーガニック紅茶も用意されています。この秋にぴったりな野菜たっぷりのイヴニングハイティー、ぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか。

開催概要

おすすめ情報

関連情報

カクテルの基礎知識