カクテルの新しいたのしみ方を提案!東京ステーションホテルが「微アルハイボール」の販売を開始

カクテルの新しいたのしみ方を提案!東京ステーションホテルが「微アルハイボール」の販売を開始

東京駅丸の内駅舎の中に位置する東京ステーションホテル(東京都千代田区)は、カクテルの新しいたのしみ方を提案するべく、バー&カフェ〈カメリア〉で新たに、ハイボールテイストのオリジナルドリンク「微アルハイボール」の提供を開始。

  • 更新日:

アルコール度数を極力落としながら味わいを表現「微アルハイボール」

コロナ禍による飲食店の酒類提供について、緊急事態宣言が解除され自粛などの制限が緩和されたかと思うと、人数や提供・滞在時間の条件付きだったり…自治体によって条件の内容が分かれたりなど、まだ飲食店でお酒をたのしむのに躊躇する状況ではないでしょうか。

そんな中、東京ステーションホテルは「酒類提供自粛でも、ハイボールがお好きなお客様にたのしんでいただきたい。」という想いから、カメリアバーテンダーがこれまで培った経験と知識を活かして試作を繰り返し、約1ヵ月かけて2種類の「微アルハイボール」を考案しました。

アルコール度数を極力落としながら味わいを表現「微アルハイボール」

「微アルハイボール」 イメージ

コーン茶をベースに酸味や甘味料、スパイスを独自の配合でブレンド。ウィスキーを沸騰させながらフランベして抽出した香り成分を纏わせることで、ハイボールの風味や余韻に近づけたといいます。アルコール度数1%以上の酒類に該当しないよう、「微アルハイボール」はアルコール度数を極力落としながら味わいを表現。(アルコール度数0.3~0.5%程度(ホテル調べ) )。

ハイボールのような美味しさをたのしめる「微アルハイボール」は、バーカウンターで気分が上がる一杯になりそうです。

微アルハイボール 概要

・ナチュラルテイスト

ハイボールらしい口当たりでバランスのとれた味わい。料理との相性も抜群。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

・スモーキーテイスト

燻製香のフレーバーウォーターを配合。個性的なウィスキーが好みの方におすすめ。

店舗:バー&カフェ〈カメリア〉
期間:2021年6月8日から通年
時間:11:30 ~ 20:00 (19:30 L.O)
*当面の間、短縮営業。今後の状況により変更になる場合あり。
価格:各1,500円 (税、サービス料込)
*1日15杯程度
*20歳未満の方、妊婦・授乳期の方、アレルギーのある方、運転される方などは飲用をお控えください。
問い合わせ:03-5220-1951 (カメリア直通)

>>ホームページ

バー&カフェ〈カメリア〉について

バー&カフェ〈カメリア〉について

バー&カフェ〈カメリア〉イメージ

1951年のホテル営業再開時にバーとして誕生し、その後バー「カメリア」として多くの方々に親しまれています。2012年のホテルリニューアルオープン時にコンセプトや場所、設え等を一新し、ボリューム満点の料理とバーテンダーによるカクテルをたのしめるバー&カフェとして今日に至っています。

バー&カフェ〈カメリア〉について

「プレジャー オブ カメリア」イメージ

店内はピンクカラーをアクセントにしたテーブル席と、バーテンダーのカクテルメイクが見られるカウンターを配した、落ち着いた印象の空間。そして種類豊富な料理のなかでも、和牛ローストビーフを好きなグラム数で食べられるコース「プレジャー オブ カメリア」とお酒にあう料理をイメージしたコース「イノベーティブ」は、昨年から販売を開始し現在も不動の人気を誇るメニューとのこと。なかでも「イノベーティブ」は、ビーフヒレカツサンドウィッチがメインの6品で、さっぱりとした「微アルハイボール」と好相性なのだそうです。

バー&カフェ〈カメリア〉について

「イノベーティブ」 イメージ

そのほか、東京ステーションホテルのシグニチャーカクテル「東京駅」や「1915」、オリジナルレシピのモクテルなどドリンクメニューも充実。宿泊の方だけでなく、女性同士やグループでお出かけ時のランチ&ディナーにおすすめです。

*6月21日より東京都からの要請に準じて酒類を提供。
(11:30~19:00、2名様までのグループ、滞在時間90分以内)

東京ステーションホテルについて

東京ステーションホテルについて

東京ステーションホテルが位置する東京駅丸の内駅舎

1915年、東京駅の中に客室数56室、宴会場を備えたヨーロッパスタイルのホテルとして開業。壮麗な建築と当時最先端の設備で、国内外の多くの賓客を迎えました。2006年に、東京駅丸の内駅舎の保存・復原事業に伴い休館。約6年半の時を経て全施設を改装し、2012年に再び開業。

ヨーロピアンクラシックを基調とした150の客室、10のレストラン&バー、フィットネス&スパ、宴会場など、都市型ホテルとしての機能を備え、「Classic Luxury - 時代を超えて愛される、上質なひととき - 」をコンセプトにお客様の心に寄り添い“共感するおもてなし”を目指しているといいます。

東京で現存するホテルとしては2番目に歴史があり、国指定重要文化財の中にすべてが位置するホテルとして国内唯一。また、発着列車本数日本一の東京駅舎に位置し、首都圏はもちろん国内各地への移動にも便利で、他に類を見ない理想的なロケーションを誇ります。世界的なホテル格付けの「フォーブス・トラベルガイド」にて2021年含め6年連続4つ星を獲得、またトリップアドバイザーの口コミを元にしたアワード「トラベラーズチョイスアワード ベスト・オブ・ザ・ベスト2020」の「日本のベストホテル部門」で第3位を受賞しています。

>>ホテルホームページ
Facebook:@tokyostationhotel
Instagram:@tokyostationhotel

※今回お届けした情報は記事執筆時点のものです。ご利用の際は状況が異なる場合がありますのでご注意ください

おすすめ情報

関連情報