「日本酒フェア2019~世界で一番日本酒が集まる日~」イベント訪問レポート

「日本酒フェア2019~世界で一番日本酒が集まる日~」イベント訪問レポート

2019年6月15日(土)に開催された「日本酒フェア2019~世界で一番日本酒が集まる日~」。全国各地から日本酒が一ヶ所に集まる規模としては「日本最大=世界最大」となるイベントが、東京・池袋のサンシャインシティにおいて開催されました。

  • 更新日:

日本酒フェアは二つのイベントがたのしめる

日本酒フェアは二つのイベントがたのしめる

イベント当日はあいにくの雨。それでも開催を待ちこがれていた日本酒ファンたちが開場時間前には長蛇の列。
ひとかたならぬ熱気が伝わってきました。
来場者は、男性、女性ともに偏りなく幅広い世代が集まりました。

日本酒フェアは二つのイベントがたのしめる

日本酒フェアは、大きく二つのイベントで構成されています。

まず一つ目は、「第13回全国日本酒フェア」、そして二つ目のイベントは「平成30酒造年度全国新酒鑑評会公開きき酒会」になります。
「第13回全国日本酒フェア」は、日本酒造組合中央会が主催するイベントで、全国各地から日本酒が一ヶ所に集まる規模としては、日本最大=世界最大のイベントです。全国の各都道府県にある酒造組合が満を持して、その地域自慢の日本酒を持ち寄り試飲や即売会をしました。フェアに集まった日本酒の数は合計で1,000点を越えます。

日本酒フェアは二つのイベントがたのしめる

普段は飲めない日本酒を飲むことができる公開きき酒会

普段は飲めない日本酒を飲むことができる公開きき酒会

公開きき酒会は、全国新酒鑑評会の金賞を含めた受賞酒が約400種類も出品され、自由にきき酒ができます。
通常は市場に出回ることがほとんどない受賞酒を堪能することができる非常に貴重な機会です。

きき酒をするには、テーブルの上に県ごとに分けて並べられた日本酒を、入場時に配られたお猪口にスポイトでお酒を入れて味をききます。熱心にメモを取る人、はじから順番に試飲をする人などさまざまです。

普段は飲めない日本酒を飲むことができる公開きき酒会

開場直後の「公開きき酒会会場の様子」

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識