ウイスキーのボトルサイズ、容量別にメリットを考えてみた

ウイスキーのボトルサイズ、容量別にメリットを考えてみた
出典 : gresei/ Shutterstock.com

ウイスキーボトルの通常サイズ(フルボトル)は、容量が700〜750ミリリットルです。他にも2リットルを超える大容量から、350ミリリットルのハーフボトル、さらに小容量のミニボトルと、ウイスキーボトルのサイズはさまざま。今回はボトルの容量別にそれぞれのメリットを見てみました。

  • 更新日:

ウイスキーの一般的なサイズは、どのように決まった?

ウイスキーの一般的なサイズは、どのように決まった?

olegribak/ Shutterstock.com

ウイスキーボトルの一般サイズ、フルボトルの容量は?

ウイスキーの一般的なボトルサイズ(フルボトル)の容量は、おおよそ700ミリリットル入り。なぜ「おおよそ」としか言えないのかというと、国や地域によって基準サイズが異なるからです。
アメリカやイギリスでは「ヤード・ポンド法」における単位「ガロン」をリットルに換算した750ミリリットル(古くは760ミリリットルのものも)、多くのEU加盟国では統一基準700ミリリットル、日本では「尺貫法」の4合を基準とした720ミリリットルが一般的です。

ウイスキー専用棚に入れてたのしむフルボトル

背の高いことから「トールボトル」とも呼ばれるフルボトル。その高さは平均で30センチメートルほどです。
市販のカラーボックスだと収まらないこともありますが、いろいろと銘柄を集めてたのしみたいときには、フルボトルのサイズに合わせたウイスキー専用棚をリビングに置いてたのしむのはいかがでしょう。

ウイスキーを手軽にたのしむなら、中~小容量サイズが便利

ウイスキーを手軽にたのしむなら、中~小容量サイズが便利

Leszek Czerwonka / Shutterstock.com

ほどよい価格と容量のハーフボトル

ウイスキーのたのしみ方のひとつに、いろんな銘柄を味わって自分好みのウイスキーを見つけることがあります。そんなときに最適なのがハーフボトルです。
「ハーフ」と呼ばれる通り、フルボトルの半分のサイズで約350ミリリットル入り。価格も多くがフルボトルの半額くらいなので、とても割高ということは少なく、1本分の価格で2銘柄をたのしむことができます。フルボトルだと多すぎるという人にもぴったりです。

コレクションに最適なミニチュアサイズ

容量が約50ミリリットルのミニチュアボトルは、お手軽に1杯分のウイスキーをたのしむのにぴったりです。また、多くの銘柄のボトルを集めてコレクションとしてたのしむにも最適です。ジャパニーズウイスキーを網羅する、世界の5大ウイスキーを集める、入手困難なボトルを並べて自慢する。さて、あなたはどんな集め方がお気に入りですか。

ウイスキーの大容量サイズ、ペットボトルはコストパフォーマンスが大事

ウイスキーの大容量サイズ、ペットボトルはコストパフォーマンスが大事

Africa Studio/ Shutterstock.com

ペットボトルウイスキーの容量

ウイスキー容器には、ペットボトル入りの大容量サイズのものもあります。一般的な容量は4リットル、2.7リットル、1.75リットルの3種類ですが、その最大の特徴はコストパフォーマンス。たとえば、4リットル入りだと3千円台の商品がありますが、ウイスキー1杯を40ミリリットルとすると、1杯あたり約30円となります。

容量が多くても意外に飽きない

ウイスキーをペットボトルサイズで買うときに、躊躇するのが、あまりの量の多さで飽きが来ないかというところ。とはいえ、そもそもウイスキーは劣化しにくいので、量が多くてもゆっくりとたのしめます。
ストレートで4リットルと考えると、さすがに気になりますが、ハイボールで飲むときには、容量が多いぶん、いろいろな割り方をたのしむことができます。

ウイスキーのボトルサイズ、コンビニで買えるサイズは?

ウイスキーのボトルサイズ、コンビニで買えるサイズは?

ArtCookStudio/ Shutterstock.com

コンビニで買えるウイスキーのボトルサイズ

日常生活と切っても切れないコンビニですが、意外に多くのウイスキーが並んでいます。サイズもスタンダードなフルボトルから、ハーフボトル、ポケットボトルと揃っています。ただ、スペースの関係からか、4リットルサイズなどの大容量サイズは置いていないケースが多いようです。

お手軽なコンビニらしいポケットサイズ

旅行やアウトドアのお供にウイスキーを用意するなら、容量的にぴったりなのがポケットボトル。出かける前や途中でさっと立ち寄って購入という、いかにもコンビニらしい使い方ができるサイズ感ではないでしょうか。

ウイスキーのボトルサイズについて、大容量から小容量まで見てきました。どの容量にも、それぞれメリット・デメリットがありますが、飲み方に合わせてサイズを変えられるという選択は、ウイスキー好きにはうれしい限りです。

おすすめ情報

関連情報

ウイスキーの基礎知識