飛騨地域を「日本酒の聖地」として世界にアピール。3つの酒蔵が作り上げた「飛騨三蔵ブレンド酒」

飛騨地域を「日本酒の聖地」として世界にアピール。3つの酒蔵が作り上げた「飛騨三蔵ブレンド酒」

近年、外国人観光客の注目を大きく集めている岐阜県飛騨地域。日本酒造りの盛んなこの地域の魅力をより広く知ってもらうべく、渡辺酒造店(飛騨市)・舩坂酒造店(高山市)・奥飛騨酒造(下呂市)の3つの酒蔵が、「飛騨三蔵ブレンド酒」を共同開発。インバウンド需要も狙います。

  • 更新日:

目次

  • 飛騨を代表する3つの酒蔵が造り上げた「飛騨三蔵ブレンド酒」

飛騨を代表する3つの酒蔵が造り上げた「飛騨三蔵ブレンド酒」

飛騨山脈に連なる山々の豊かな自然を擁する岐阜県飛騨地方は、下呂温泉や白川郷などの観光スポットが点在し、近年では大ヒット映画「君の名は。」の舞台のモデルになるなど、観光客の熱い視線を浴びている地域です。特に外国人観光客は2011年には約9万5,000人だったのが2018年には55万人になり、急増しているそうです(高山市調べ)。

こうした飛騨の魅力を外国人観光客にさらに深く感じてもらおうと、この地方を代表する「渡辺酒造店」「舩坂酒造店」「奥飛騨酒造」の3つの酒蔵が、同じ原料・同じ条件で醸した純米吟醸酒をブレンドしたこだわりの「飛騨三蔵ブレンド酒」を共同で開発。

飛騨を代表する3つの酒蔵が造り上げた「飛騨三蔵ブレンド酒」

外国人観光客へのアンケート調査の様子

飛騨地方は飛騨山脈から流れる飛騨川や宮川の豊富な水を背景に、高山市に7蔵、飛騨市に3蔵、下呂市に2蔵の計12蔵の酒蔵がある酒造りが盛んな土地。「飛騨三蔵ブレンド酒」は、日本酒の海外輸出量が9年連続で増加している中、「SAKE=飛騨」のイメージを大きく世界に打ち出すべく3蔵が結集して作り上げたブレンド酒となっています。

外国人観光客へのアンケート調査の様子

米は地元の酒米「ひだほまれ」を精米し、酵母は「岐阜清流酵母」を使用するなど、徹底して飛騨の素材にこだわっています。味の決め手となるブレンド比は海外コンクールで数多くの受賞歴を持つそれぞれの蔵のノウハウを集結。さらには飛騨に訪れた旅行者80人を対象に実際にテイスティング調査を実施し、そのデータをもとにブレンド比を最終決定するなどのこだわりにより、甘味・うまみ・酸味のバランスが取れた純米吟醸酒を完成させています。

商品情報

飛騨三蔵ブレンド酒

3蔵の銘柄が一枚になったラベルデザイン

商品名:飛騨三蔵ブレンド酒
酒類:純米吟醸酒
容量:720ml
価格:1,998円(税込)
アルコール度数: 16%
原料米:岐阜県産ひだほまれ
精米歩合:60%
酵母:岐阜清流酵母

酒蔵紹介

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識