日本酒と相性のよい鍋料理を冬以外にもたのしみたい!

日本酒と相性のよい鍋料理を冬以外にもたのしみたい!
出典 : funny face / Shutterstock.com

鍋料理は日本酒との相性が抜群で、ヘルシー、おいしいとよいことづくめ。冬だけなんてもったいない! 今回は、なぜ日本酒と鍋は合うのか、鍋に合う日本酒選びのコツ、さらには日本酒と塩コショウだけで作る鍋料理についても紹介します。

  • 更新日:

鍋に日本酒が合うのには理由がある

鍋に日本酒が合うのには理由がある

riphoto3 / Shutterstock.com

鍋料理と日本酒の相性の秘密は「アミノ酸」

鍋料理と日本酒の相性がよいというのは、ちゃんとした理由があります。それは、どちらにも「アミノ酸」が含まれていること。
アミノ酸は、私たちのカラダを作るタンパク質のもととなる重要な栄養素であると同時に、食べ物や飲み物の味わいのもとになる成分でもあります。

日本酒に含まれるアミノ酸は旨味の決め手

日本酒は、酵素によって米のタンパク質がアミノ酸に分解され、お酒の味わいを決める大きな要素となります。
日本酒に含まれるアミノ酸の量を示すのが「アミノ酸度」で、日本酒の旨味をはかる指標のひとつとして活用されています。一般的に数値の低いお酒はあっさりした印象に、高いお酒はどっしりと味が濃く感じる傾向にあります。

鍋料理の出汁はアミノ酸の宝庫

一方、鍋の具材もアミノ酸を含むものが多く、出汁(だし)に使われる昆布や鰹節には、旨味成分と言われるアミノ酸系の「グルタミン酸」や核酸系の「イノシン酸」が含まれています。

日本酒と鍋料理で旨味の相乗効果が

これら旨味成分は、お互いを掛け合わせることによって旨味が増し、その相乗効果は別々に味わうのに比べ7~8倍になると言われるほど。熱燗に鰹節を入れた「かつお酒」や、日本酒とおでんの出汁を合わせる「出汁割り」が人気を呼んでいるのもうなずけます。
鍋料理と日本酒を一緒にたのしめば、よりおいしく味わえるというわけです。

鍋に合わせる日本酒を選ぶコツ

鍋に合わせる日本酒を選ぶコツ

sunabesyou / Shutterstock.com

鍋料理の種類に応じた日本酒を選ぶために

鍋料理と日本酒は相性がよいとはいえ、鍋料理の幅は広く、湯豆腐のようにあっさりしたものから、もつ鍋などこってりしたものまで、たくさんの種類があります。どんな日本酒に、どんな鍋料理が合うのか、選び方のコツを紹介していきます。

【大吟醸・吟醸に合う鍋料理】

香り高く、フルーティーでスッキリした味わいが魅力の大吟醸や吟醸の日本酒には、豚しゃぶ、白菜と豚肉のミルフィーユ鍋、レタス鍋など、シンプルな鍋料理を。あまりあれこれ具材が入っていないほうが、お酒のよさをたのしめます。
オススメは、豚肉や鶏肉と葉物野菜の鍋など、ポン酢でいただくようなあっさりしたお鍋。薬味に三つ葉など香りのある野菜や、柑橘類の皮をプラスしても!

【純米・純米吟醸に合う鍋料理】

米本来の味わいが感じられる純米酒や純米吟醸酒には、石狩鍋、寄せ鍋、きのこ鍋、鶏の水炊きなど、いろいろな具材の旨味が凝縮したお鍋が合います。
とくに、どっしりした純米酒は味噌味の鍋と一緒に味わいたいですね。また、大豆の香りをたのしみたい湯豆腐は、香りの穏やかな純米酒と合わせてみましょう。

【本醸造に合う鍋料理】

さわやかで後を引かない切れ味が持ち味な本醸造の日本酒は、鱈ちり、イワシのつみれ汁、しょっつる鍋など、魚介系と好相性。すっきりとしたあと口で、口のなかを洗い流してくれるため、甘辛い割り下のすき焼きにもよいでしょう。

日本酒とお塩だけで煮込む鍋「美酒鍋」とは?

日本酒とお塩だけで煮込む鍋「美酒鍋」とは?

kai keisuke / Shutterstock.com

日本酒を使った鍋料理「美酒鍋」は広島県西条が発祥

鍋料理と日本酒の相性について紹介してきましたが、ここでは日本酒を使った「美酒鍋(びしゅなべ)」という鍋料理を紹介します。
水や出汁を一切使わず、日本酒で具材を煮る美酒鍋の発祥は広島県東広島市の西条。兵庫の灘、京都の伏見と並ぶ日本三大酒処のひとつです。もともとは酒の仕込み時期の蔵人のまかない料理でした。

「美酒鍋」の異名「びしょ鍋」の由来

「美酒鍋」とは、文字どおり「美酒で作る鍋」という意味ですが、一部では「びしょ鍋」とも呼ばれるのだとか。これは、蔵人のことを「びしょ」と呼んでいたことが由来です。
酒造りの作業は、水でびしょびしょに濡れてしまうことが多いため、そのような呼び名がつき、「びしょ」が食べる鍋ということから「びしょ鍋」になったようです。

「美酒鍋」は簡単に作れるおいしい鍋料理

「美酒鍋」の基本的な作り方は、まず、鍋でニンニクを炒め、そこに鶏肉、砂肝、豚肉を入れ、表面に火が入ったら塩を振って、ひたひたになるまで日本酒を注ぎ入れます。
コンニャク、白菜、玉ねぎなどの野菜や厚揚げなどを入れて、塩コショウで味を調え、野菜に火が通ったらできあがりです。
アルコール分は飛んでしまうので、お酒臭いといったこともなく、お酒が苦手な人でも食べられます。具材の旨味がよく引き出されていて、とってもおいしい鍋料理です。全国でブレイクする日は近いかもしれません!

最近では季節を問わず、メニューに鍋料理があるお店も増えてきました。冷え性の女性には、夏こそ温かい鍋料理がうってつけです。四季折々の食材で、もっと鍋料理と日本酒をたのしみましょう!

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識