石川の日本酒【手取川(てどりがわ)】感動を呼んだ酒造りへのこだわり

石川の日本酒【手取川(てどりがわ)】感動を呼んだ酒造りへのこだわり
出典 : mTaira/ Shutterstock.com

「手取川」は、「顔の見える酒造り」を掲げ、ていねいな仕事を続ける吉田酒造店が産んだ日本酒。日系アメリカ人監督が描くドキュメンタリー映画の舞台にもなったことで知られる酒蔵と、その代表銘柄「手取川」の魅力を紹介します。

  • 更新日:

酒造好適米「山田錦」を45%まで磨き上げ、金沢産酵母を自社培養して仕込んだ逸品。ハチミツのような甘い香りが魅力的で、落ち着いた味わいは、いっしょにたのしむ料理の味を引き立てます。

吉田蔵 純米大吟醸

青リンゴや洋梨のようなフルーティな香りが特徴で、米の味わいをしっかりと感じられます。味わいの余韻が長く、口のなかに残った香りまでたのしめる銘酒です。

「手取川」を題材にしたドキュメンタリー映画を見て、造り手の苦労を実感することで、その味わいをさらに深くたのしめます。並々ならぬ努力に想いを馳せながら、とびきりの晩酌をどうぞ。

製造元:株式会社吉田酒造店
公式サイトはこちら

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識