日本海を望む “ほろ酔い”列車の旅! 地酒や地ワインを片手に景色をたのしむ

日本海を望む “ほろ酔い”列車の旅! 地酒や地ワインを片手に景色をたのしむ

京都丹後鉄道(以下、丹鉄)を運行するWILLER TRAINS(株)から、観光列車「丹後くろまつ号」の秋冬商品として、丹鉄初の地ワイン・地酒の飲み放題コースが登場。10月5日(金)からの運行開始に先駆け、乗車3ヵ月前より申し込み受付が始まります。

  • 更新日:

地酒と日本海の絶景を望む、人気コースがついに復活!

地酒と日本海の絶景を望む、人気コースがついに復活!

日本海の絶景や丹鉄沿線の旅をもっとたのしめるようにと登場した「丹後くろまつ号」。木のぬくもりに包まれ、窓には京すだれ、壁には松のデザインをあしらった丹後の味わいあふれるダイニング列車です。

そんな「丹後くろまつ号」で、過去2年にわたり好評を博した「地酒コース」が、地酒飲み放題付きの「ほろ酔いコース」となって登場しました。

「ほろ酔いコース」では、丹後の酒蔵からその時期の一番おいしい地酒を厳選。3種類の地酒と、丹後名物おつまみ2種盛り(オイルサーディン・スモーク生ハム)と一緒に堪能できます。

この2種盛りのほかにも、へしこや干しこのわたなど、丹後地方ならではの珍味をオプションで用意。また、丹後由良駅では途中下車し、ハクレイ酒造の酒蔵見学や地酒の試飲を行うこともできます。

丹鉄初の試み! 「ランチコース」では地ワインが飲み放題

丹鉄初の試み! 「ランチコース」では地ワインが飲み放題

「ランチコース」では、イタリアンのフルコースとともに、料理に合わせてセレクトした地ワインが飲み放題に。沿線の絶景スポットである「由良川橋梁」や「奈具海岸」の絶景とともに、おいしいお酒と食事を心ゆくまで味わえ、地元特産物のお土産まで付いています。

このほかにも、「スイーツコース」やスペシャルイベント「日本海SAKE-1グランプリ」が実施され、話題満載の「丹後くろまつ号」。地酒や地ワインがおいしい季節に、丹鉄でしか体験できない観光列車の旅を満喫してみてはいかがでしょうか。

キャンペーン情報

丹後くろまつ号
期間:2018年10月5日(金)〜秋冬限定
料金:ほろ酔いコース4,200円(税込)、ランチコース10,800円(税込)
運行ルート:ほろ酔いコース(西舞鶴駅15:30発〜天橋立駅17:40着)、ランチコース(天橋立駅12:48発〜西舞鶴駅14:50着)
定員:1コースあたり30名
定期運行:金曜・土曜・日曜・祝日
※2018年7月5日(木)10時より順次申し込み受付開始(ご乗車日の3ヵ月前)
貸切運行:月曜・木曜
※2018年7月2日(月)10時より順次申し込み受付開始(10月~12月運行分の受付)
乗車特典:地元特産物のお土産付き

<商品のお問い合わせ先>

WILLER TRAINS株式会社

住所:京都府宮津市字鶴賀2065-4
URL:http://trains.willer.co.jp/

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識