SNS映え必至! プース・カフェのカクテルを作ろう

SNS映え必至! プース・カフェのカクテルを作ろう

自宅でカクテルを作るとき、せっかくならSNS映えするものを作ってみませんか? 周りと差がつきやすいカクテルを目指すなら、プース・カフェ・スタイルがおすすめ。カラフルな見た目でSNSウケすること間違いなしです。

  • 更新日:

プース・カフェとは?

プース・カフェ・スタイルとは、比重の違う材料を入れて、層を作るカクテルの作り方のこと。「食後のコーヒーを押しのける」という意味も。また、同名のカクテルを指すこともあります。

プース・カフェ・スタイルのカクテルはフロート(重ねる技法)で、バーテンダーの技術が問われます。材料が沈まないように静かに調合するため、時間もかかる技法です。ほかのカクテルより値段が高いバーも少なくありません。

プース・カフェを自宅で挑戦してみよう

プース・カフェ・スタイルのカクテルは、特別な器具を使いません。複数のリキュールや材料が混ざり合い、複雑で豊かな味わいを生み出します。作り方自体はシンプルなので、そのレシピを見てみましょう。

<レシピ> トリコロール

その名の通り、トリコロールカラーのカクテルです。プース・カフェより材料が少なく、技術的には少しかんたんに作ることができます。こちらで慣れてきてから、虹色のプース・カフェに挑戦を!

【材料】
ブルーキュラソー…30ml
カルピス(3倍に薄める)…30ml
赤ワイン…30ml

【作り方】
1.サワーグラスに、上記材料を上から順番に注いで出来上がり!

<レシピ> プース・カフェ

プース・カフェを自宅で挑戦してみよう

画像提供:カクテルマスターFIZZ

虹色のカクテルは、見た目も鮮やか。美しい色合いは目で見てもおいしいです。ただし、使用するリキュールの数が多いので難易度は高いかもしれません。

【材料】
グレナデンシロップ…15ml
メロン・リキュール…15ml
バイオレット・リキュール…15ml
ホワイト・ペパーミント…15ml
ブルーキュラソー…15ml
ブランデー…15ml

【作り方】
1.プース・カフェ用のグラスへ、上記材料を上から順番にゆっくり注ぐ。
2.ストローを静かに添えて出来上がり!

【コツ・ポイント】
お酒の比重の性質を活かすのがフロート。勢いよく材料を入れると、お互いの材料が混ざってしまい、きれいな見た目になりません。ゆっくり注ぐときは、ぜひバースプーンを使ってください。バースプーンを裏側にして、すくう部分をグラスに当てたら、材料をスプーンの上からゆっくり注ぎます。そうすれば静かに材料が流れるため、フロートが崩れません。

プース・カフェ・スタイルでSNS映えするカクテルを

今回紹介したプース・カフェ・スタイルは、とにかく見た目がきれいなカクテル。飲んでもおいしいですが、まずは「目」で味わってください。SNS映えもするので、カクテルを作ったら、ぜひ写真を撮ってみましょう。

ライタープロフィール

安藤悟

「おいしく、たのしく飲みたい」と思い、JAFAカクテルマイスターの資格を取得。趣味は全国のバー巡り。ビールはジョッキ半分で顔が赤くなります。

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識