ビール愛飲者なら、まずは日本ビール検定に挑戦

ビール愛飲者なら、まずは日本ビール検定に挑戦

たのしく飲む場での話のネタ作りから、仕事に使えるものまでビールにまつわる講習や資格は様々です。自分の目的にあった講習や資格を調べて挑戦するのもおもしそうですね。

  • 更新日:

日本ビール検定とはどんな検定?

Marsan/ Shutterstock.com

日本ビール検定、愛称“びあけん”は、「日本ビール文化研究会」が主催する、ビールの歴史や製法、飲み方を中心に幅広い知識を問う検定です。主催する日本ビール文化研究会は、ビールのたのしさ、おいしさを多くの人に発見してもらい、ビール文化を発展、普及させていくことを目的とする一般社団法人です。

“びあけん”は、ビールのたのしみを広げられる3級から専門的な知識を要する、第一回から累計合格者が70人に満たないという超難関の1級まであります。

ビールをたのしく飲むための3級を攻略しよう

il21/ Shutterstock.com

なかでも3級検定は、ビール好きな人、ビールに興味のある人、ビールに関する知識を深めたい人のビール入門編としてぴったりです。20歳以上の人ならだれでも受験することができます。公式テキストをしっかり読んで勉強すれば、比較的高い確率で合格することができるようなので、興味のある人は一度チャレンジしてみてください。

ビール製造のことやビールのスタイルなどを知れば、普段飲むビールがもっとおいしくなるはずです。

ビールの過去問題

nnattalli/ Shutterstock.com

比較的合格率が高い、といってもビールについて学ばないとやはり合格には手が届きません。過去問題を解いて今の自分の実力がどのあたりなのか確認してみませんか?

問1
世界中で飲まれているピルスナータイプのビールに使われる麦の種類として、最も適したものを次の選択肢より選べ。
1・六条大麦
2・ライ麦
3・二条大麦
4・ハトムギ

問2
1842年にボヘミア(現チェコ共和国)で生まれた、ホップの効いた淡色の下面発酵ビールを次の選択肢より選べ。
1・ペールエール
2・ドゥンケル
3・シュバルツ
4・ピルスナー

問3
1040年に創立された、現存する世界最古のビール醸造所の名称を、次の選択肢より選べ。

1・エルディンガー醸造所
2・シェッファーホッファー醸造所
3・ヴァイエンシュテファン醸造所
4・ヴァルシュタイナー醸造所

<解答>問1=3・二条大麦 問2=4・ピルスナー、問3=3・ヴァイエンシュテファン醸造所

2級までは公式テキストをしっかり読み込めば合格できる難易度なので、興味のある人はテキストを取り寄せてみてくださいね。

ちなみに、“びあけん”では3級から1級の試験で「100点満点」を達成した人に、“びあけん”が選定したビール1年分を進呈するそう(対象者が複数の場合は山分け)。ちなみに2017年は3級で1名が満点を達成したとか。ぜひ、チャレンジしてみて!

日本ビール文化研究会
ビアパレット

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識