ウイスキーのロールスロイスと呼ばれるマッカランを味わう

ウイスキーのロールスロイスと呼ばれるマッカランを味わう

  • 更新日:

マッカランの歴史

JASPERIMAGE/ Shutterstock.com

スコッチ最大の生産地、ハイランド地方のスペイサイド。そのなかでも突出した知名度を誇るブランドが「マッカラン」です。マッカランの歴史は非常に古く、ウイスキーが密造されていた18世紀後半には創業者一族の領地で収穫した大麦を使ってモルトウイスキーを製造していました。

その後、1824年にザ・グレンリベットに続いて政府公認第二号蒸留所として正式に創業。スペイサイドモルト特有の華やかな味わいと香りは世界中のウイスキー愛好者たちの憧れでもあり、イギリスの老舗百貨店「ハロッズ」が発行しているウイスキー読本では“シングルモルトのロールスロイス”と評されるほど別格の存在です。

シェリー樽熟成の色と味わい

ThamKC/ Shutterstock.com

自社の農地で作られる独自の大麦を原料にしたり、スペイサイド最小の蒸留器を使ったりするなど、製造方法にはマッカランならではのこだわりがあります。

なかでも大きな特徴が、熟成に使うシェリー樽。この樽には自社で管理する森林で生育しているオーク材を使い、伐採後1年ものあいだ天日で乾燥され、スペイン南部で手作業によってシェリー用の樽に加工します。さらに、専用のシェリー酒を3年間詰めて熟成させ、その樽を回収してウイスキーの熟成樽として使用するというこだわりよう。

その徹底したマッカランの流儀が、赤みがかったリッチな琥珀色、濃厚なシェリーとドライフルーツの香り、芳醇でスイートな味わいを生み出しているのです。

マッカランのラインナップ

TY Lim/ Shutterstock.com

マッカランの製品は主に、「シェリーオークシリーズ」と「ファインオークシリーズ」の2種に大別されます。メインとなるのは「シェリーオークシリーズ」で、華やかでラグジュアリーなマッカランらしさを存分に味わえるシリーズです。

もっともスタンダードなのが最低12年間熟成させた原酒のみを使った「ザ・マッカラン12年」。濃厚なシェリーの香り、リッチでスイートな味わいがバランスよく、まさにマッカランの代名詞のような存在です。

そのほかにも熟成年数によって18年、25年、30年ものがラインナップ。年数を重ねるほど琥珀色の濃さも増し、よりリッチでストロングな味わいに。30年ものになると世界でもかなり希少な存在です。

もうひとつのシリーズ「ファインオーク」は、ヨーロピアンオークのシェリー樽、アメリカンオークのシェリー樽、バーボン樽で熟成させた3種の原酒を絶妙なバランスでブレンドした新シリーズ。シェリー樽本来の味わいにバーボン樽由来のバニラやシトラスが混じり合い、複雑で軽やかな飲み口が特徴。こちらも10年、12年、25年、30年もの4種をラインナップ。

さらにマッカランはヴィンテージモルトのオークションでも別格の存在で、オークション市場の約20%はマッカラン関連と言われるほど。現行のラインナップ以外も楽しめるのも、マッカランの魅力です。

関連情報