グレーンウイスキーとはどんなもの?

グレーンウイスキーとはどんなもの?
出典 : Leszek Czerwonka/Shutterstock.com

  • 更新日:

ウイスキーの種類

/Shutterstock.com/ Shutterstock.com

ウイスキーには大きく分けて、2つの種類があります。まず1つは、大麦麦芽のみを原料とする「モルトウイスキー」。そしてもう1つが、トウモロコシや小麦、ライ麦、未発芽の大麦などを主原料とした「グレーンウイスキー」です。

ちなみにこの2種類は、原材料だけでなく、蒸留方式も異なります。「モルトウイスキー」は、単式蒸留器によって蒸留されるのが特徴。単式蒸留器は形や大きさでウイスキーの個性を出すことができるため「モルトウイスキー」も個性が強いウイスキーに仕上がります。

一方「グレーンウイスキー」は、連続式蒸留器で蒸留されます。連続式蒸留器は短期間で一気にアルコールを濃縮するため、原材料の風味が残りにくく、クリアな味に仕上がります。

ブレンデッドウイスキーに欠かせないグレーン

196109162/ Shutterstock.com

連続式蒸留器で蒸留されるグレーンウイスキーは、大量生産が可能なため、モルトウイスキーよりも価格がお手頃です。クセが少なくマイルドなので、複数の蒸留所のモルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドした「ブレンデッドウイスキー」として売られることがほとんど。現在世界で流通する多くのウイスキーが、この「ブレンデッドウイスキー」にあたります。

複数のグレーンウイスキーが組み合わされたブレンデッドウイスキーは、互いの長所をうまく引き出すことができるのが魅力。組み合わせしだいで、さまざまな個性を持ったウイスキーが誕生するというわけです。

連続式蒸溜器でつくるバーボン

donfiore/ Shutterstock.com

グレーンウイスキーの製造方法とほぼ同じですが、原材料の51%はトウモロコシを使い、内側を焦した新樽で熟成したものがバーボン。アメリカのウイスキーの生産量の約半分を占めています。バーボンはアメリカの法律で「原料の穀物中にトウモロコシを51%以上含み、80度以下で蒸溜し、さらに内面を焦がしたホワイトオークの新樽で、アルコール度数62.5度以下で熟成したもの」と定義されており、このうち2年以上貯蔵されたものが、「ストレートバーボンウイスキー」と名乗ることができます。

ちなみにバーボンの熟成に使用されるバーボン樽は、内側を焦がした新樽しか使えないため、1度利用したバーボン樽はスコッチなどの熟成に再利用されることになります。

同じ、連続式蒸溜器で造ったウイスキーでも、ブレンドすることでモルトウイスキーの個性を引き立てるグレーンウイスキーとバーボンでは、香りも味わいも大きく異なります。

それぞれの個性を感じながら、グラスを傾けたいですね。

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識