プレミアムビールのおいしさを感じよう!

プレミアムビールのおいしさを感じよう!

  • 更新日:

プレミアムビールってどんなビール?

Nishihama/ Shutterstock.com

日本のビール市場では、消費者のニーズにあわせて様々なジャンルのビールが発売されています。通常のビールのほかに、それに類似する発泡酒と第三のビールや新ジャンル、と呼ばれる飲料も人気です。味わいがもちろん一番大切ですが、たとえば、糖質ゼロやカロリーゼロ、といった健康志向の強いビール、とにかく価格が安いもの、といった選び方もあります。

日本のビールの中に、「プレミアムビール」と呼ばれるビールがありますが、高級感や高品質といった要素を特徴として売り出しているビールを総称してこう呼びます。プレミアムビールには、これといった定義があるわけではありません。品質を重視して原材料や製法などにこだわったビールを「プレミアムビール」と呼ぶ場合が多いのです。

厳選された原料や特別な酵母など、お値段は通常のビールよりも少し高めになりますが、コクのある味わいの虜になっているビール愛好家も多く、最近では各ビール会社からこだわりのプレミアムビールが発売されています。シャープな喉ごしと厳選された麦芽の甘味とコクを感じられるプレミアムビールは、一度飲むと次も飲みたくなる特別な味わいです。

プレミアムビールの元祖「ヱビスビール」

jointstar/ Shutterstock.com

いくつか代表的なプレミアムビールを紹介しましょう。

日本のプレミアムビールの先駆けといえるのが、サッポロビールの「ヱビスビール」です。ヱビスビールは、1890年「恵比寿ビール」として誕生しました。1943年にはビールが配給品となり一時期姿を消しますが、1971年に「特製ヱビスビール」として28年ぶりに復活します。

ドイツ・ビール純粋令に基づき、麦芽100%と厳選されたアロマホップを使い、通常の1.5倍の熟成期間を経て出来上がります。クリーミーな泡と美しい透明感のある黄金色、深いコクとキリッとした味わいの両方を実現し、長く愛飲されています。

また、ヱビスビールは、地名や駅名にまでなったビールです。1901年「恵比寿停車場」という名のついた貨物専用駅から「恵比寿ビール」を各地へ出荷していたそう。それを1906年には一般人が利用し始め、今にいたっています。

プレミアムの名を広めた「ザ・プレミアム・モルツ」

sivivolk/ Shutterstock.com

「プレミアム」というカテゴリーをポピュラーにしたのは、2003年に誕生したサントリーの「ザ・プレミアム・モルツ」でしょう。

ダイヤモンド麦芽と欧州産のアロマホップ、天然水を独自製法で醸造し、“サントリー最高級ビール”という位置づけです。飲む前と飲んだ後の華やかな香り、深いコクのあるビールは、お中元やお歳暮といった贈答品としても人気があります。

また、その品質の高さは2005年から3年間モンドセレクション最高金賞を連続受賞したことからもわかります。

「プレモル」の愛称とともに、特別な日のビールとして愛されています。

人気上昇中「一番搾りプレミアム」

iko/ Shutterstock.com

キリンの「一番搾り」は、通常のビールで使われる一番搾り麦汁と二番搾り麦汁のうち、最初に流れ出る一番搾り麦汁だけを使用したビールです。よりプレミアム感の高い麦汁を低温で搾ることで、より渋味の少ない一番搾り麦汁を使ったのが「一番搾り プレミアム」です。さらに、「一番搾り」にも一部使われている東北産の第一等品ホップ「かいこがね」を75%以上使用。ホップを発酵中の麦汁に漬け込む製法を採用したことで、より華やかな香りがたのしめます。高級感のある瓶のみでの展開です(ギフト限定)。

原料や製法にこだわりのあるプレミアムビールは、たとえば誕生日や結婚記念日はもちろん、たいへんな仕事がうまくいった日など、ちょっと特別な日に飲みたいですね。

関連情報