暑い日にかぶりつきたい!「キュウリのからし漬け」

暑い日にかぶりつきたい!「キュウリのからし漬け」

【カンタンおつまみレシピ】暑い日に食べるキュウリって、おいしいですよね。今回は、カンタンで保存もしやすい、キュウリを使ったおつまみのレシピを紹介します。あと一品おつまみが欲しいという時のストックにもぴったり。ビールや日本酒、ワインに合わせるアレンジのコツも参考にして!

  • 更新日:

甘味と辛味のバランスが味付けのポイント

ほんのりとした甘味のあとにツンとした和からしの風味が広がる、キュウリの浅漬け(一本漬け)のレシピを紹介します。この季節、食べる際に割りばしを刺して盛り付ければ、見た目にもお祭り気分で味わえますよ。しかも、冷蔵庫で保存すれば4、5日はおいしくいただけるので、キュウリが数本あったら作ってみては。辛味がもっと強め、甘味が控えめの方がよいなど、何度か作って自分好みの味を追求してみてくださいね。

材料と作り方

【材料/作りやすい分量】

キュウリ…2本
塩…小さじ1
砂糖…大さじ1と1/2
和からし…小さじ2 ※チューブタイプでOK

【作り方/10分(漬け込む時間を除く)】 

【1】キュウリは両端を切り落とし、ピーラーでしま模様を作るように皮の一部をむく。

材料と作り方

しま模様に皮をむけば、味なじみがよくなり、見た目にもおいしそうな仕上がりに。

【2】ビニール袋にキュウリを入れ、塩、砂糖、和からしを加えて、なじむようによくもみ込み、冷蔵庫で一晩置いたら出来上がり!

【アレンジ】

アレンジするなら、和からしを粒マスタードに代えて作った洋風バージョンを。出来上がりを薄切りにすれば、サンドイッチの具にもなりますよ。

材料と作り方

合わせるお酒によって、和からしを粒マスタードに代えてみましょう。

お酒に合わせたアレンジ

ビールに合わせるなら

食べながら、ゴマ油やラー油をかけて「味変」をたのしんでみましょう。

日本酒に合わせるなら

食べる際に薄切りにして、すりゴマやかつおぶしをふりかけても。

ワインに合わせるなら

粒マスタード+ハチミツでピクルス風に作ってもおいしいですよ。

ライタープロフィール

野口英世

料理研究家、フードスタイリストとして、テレビや雑誌、新聞、広告などで活躍中。無理や無駄のない、作り手重視の効率的なレシピとスタイリングアイデアが人気となっている。近著は「turkフライパンクックブック」「使いやすい台所道具には理由がある」(共に誠文堂新光社)など。
2022年 フード イベントカレンダー【全国版】

おすすめ情報

関連情報

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事