サバ味噌缶を使ったおつまみ餃子「サバ味噌カレー餃子」

サバ味噌缶を使ったおつまみ餃子「サバ味噌カレー餃子」

【カンタンおつまみレシピ】いつもはそのまま食べているサバ味噌缶に、ひと手間加えておつまみ餃子を作ってみましょう。カリッとした食感もたのしい絶品カレー餃子ができますよ。ビールや日本酒、ワインに合わせるアレンジのコツも紹介します!

  • 更新日:

包丁を使わずにできるカンタンおつまみ餃子

ストック食材で人気の味付け魚缶ですが、少し時間に余裕がある日はおつまみ作りに活用してみましょう。餃子の皮に包む前の具は、サバ味噌カレーディップにもなるので、クラッカーやパン、あたたかいご飯にのせてもおいしくいただけますよ。そして、餃子の皮に包み、油を多めに入れたフライパンで両面をカリッと焼けば、スナック感覚のお酒がすすむおつまみになります。包丁を使わずにできるので、料理初心者も安心! ぜひチャレンジしてみてください。

材料と作り方

【材料/4人分】

サバ味噌缶…1缶(190g)
マヨネーズ…大さじ2
カレー粉…大さじ1
餃子の皮…16枚
油…大さじ3

【作り方/15分】

【1】サバ味噌缶は軽く汁気を切ってほぐし、マヨネーズとカレー粉を加えて混ぜる。※今回は味噌味のサバ缶を使っていますが、サバ水煮缶で作りたいときは、汁気を切ってほぐし、味噌…大さじ1、めんつゆ…大さじ1/2を混ぜて代用してみてください。

材料と作り方

サバ味噌缶を使用すれば、材料を入れて混ぜるだけで具が完成!

【2】皮の真ん中に具をのせてふちに水(分量外)をぬり、半分に折りたたんで半円状の形にする。

【3】フライパンを中火にかけて油を多めに入れ、両面が香ばしい色になるよう焼いて出来上がり!

【アレンジ】

アレンジするなら、具に刻んだらっきょう漬けとピザ用チーズを加え、三ヶ所をつまむ感じで包んだ、名付けて「手裏剣形バージョン」を。いつもの餃子と違った形で、おうちおつまみがちょっぴり特別になりますよ。

材料と作り方

形を変えて包むだけで、見た目にもたのしいおつまみに。

お酒に合わせたアレンジ

ビールに合わせるなら

キムチやニンニクを加えてパンチをきかせても。

日本酒に合わせるなら

カレー粉は控えめにして、刻んだ大葉を加えてみましょう。

ワインに合わせるなら

カマンベールやブルーチーズなどお好みのチーズを加えて作り、食べる際にレモンやワインビネガーをふりかけてもおいしいですよ。

ライタープロフィール

野口英世

料理研究家・フードスタイリスト

おすすめ情報

関連情報