漬物を使って人気の餃子を時短で「白菜漬け餃子」|おつまみレシピ

漬物を使って人気の餃子を時短で「白菜漬け餃子」|おつまみレシピ

おうちでちょっと餃子が食べたいとき、一から餃子を作るのは面倒ですよね。今回は、市販の白菜漬けを使って、手軽においしい餃子を作る時短レシピを紹介します。おつまみとしてはもちろん、夕飯のおかずとしてもおすすめのメニューなので、ぜひチャレンジしてみてください。

  • 更新日:

市販の白菜漬けでおつまみ用に手早く調理

餃子をおうちで作ろうとすると、数種の野菜を用意して、きざんで…と手間がかかってしまいますが、おつまみ用に手早く作りたいなら、市販の白菜漬けを活用してみましょう! 味付けは白菜漬けの塩分を利用するので、誰でもおいしくできますよ。自宅飲みのお供だったら、ホットプレートで餃子を焼きながらつまむのもよいですね。

材料と作り方

【材料/2人分(20個分)】

豚ひき肉…150g
白菜漬け…150g
すりおろし生姜…少々
ゴマ油…小さじ1+小さじ1
餃子の皮…20枚
油…大さじ1/2
熱湯…適量

【作り方/20分】

【1】白菜漬けは粗みじん切りにし、手で絞って水気を切る。

【2】豚ひき肉に【1】、すりおろし生姜、ゴマ油小さじ1を加えてよく混ぜる。

【3】餃子の皮に【2】を適量のせ、ふちを水(分量外)でぬらし、ひだを作るようにして包む。

【4】フライパンを中火にかけ、油を入れて【3】を並べる。底に軽く焼き色がついたら、1/3ほどつかるように熱湯を注ぎ、蓋をして水分が少なくなるまで加熱する。

餃子の1/3ほどがつかるように熱湯を注ぐのがポイント。

【5】水分がわずかになってきたら、ゴマ油小さじ1を鍋肌から回し入れ、こんがり焼き色をつけて、皿に盛り付けて出来上がり! ※そのままでもおいしいですが、お好みで酢醤油やラー油など添えてどうぞ。

【コツ・ポイント】

アレンジするなら、包み方を変えて棒餃子に。皮の真ん中に楕円状に餡をのせ、ふちを水でぬらし、皮の両側をたたみ、端を合わせてとじるだけ。これでいつもの丸い皮でも棒餃子ができますよ。

棒餃子の形で包んでも、見た目におつまみらしくてよいですね。

お酒に合わせたアレンジ

ビールと合わせるなら

酢&黒胡椒で。

日本酒と合わせるなら

柚子胡椒を添えて。

ワインやハイボールと合わせるなら

仕上げにレモンやライムを搾ってみましょう。

ライタープロフィール

野口英世

料理研究家・フードスタイリスト

おすすめ情報

関連情報

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事