【酒粕の再生】をテーマにした食のブランド「KIKKA(キッカ)」誕生

【酒粕の再生】をテーマにした食のブランド「KIKKA(キッカ)」誕生

doki doki(東京都世田谷区)は、廃棄等の処分をされている酒粕を再生した飲料やシリアルなどのオリジナル食品を展開する自社ブランド「KIKKA(キッカ)」をリリース。サスティナブルな取り組みが注目を集めています。

  • 更新日:

時代にフィットしたSDGsな取り組み。副産物から新たな価値を

時代にフィットしたSDGsな取り組み。副産物から新たな価値を

日本酒の副産物として、その量は年間で約3万トン相当にもなる酒粕。(※1)
従来は粕漬けや粕汁などの伝統的な食品に活用されていましたが、需要の減少と共に廃棄されるケースが増えているといいます。
一方で、日本酒を造る過程で生まれる酒粕は、職人の手仕事による丁寧な工程と発酵のパワーにより奥深い味わいと豊かな栄養素を持った、“奇跡の素材”とも呼ばれています。

doki dokiは、日本酒メーカーのブランディングデザイン業務に携わってきた中で、“酒粕”が酒蔵の悩みの種であることを知ると同時に、酒粕のおいしさとパワーに魅せられ、この事業を立ち上げたといいます。

また、日本酒の副産物として位置付けられている酒粕に新たな価値を生み、その恩恵によって美しく健やかなライフスタイルを創造していく、サスティナブルな取り組みを目指しているとのこと。

※1 農林水産省 令和元年産酒造好適米の生産量
酒造好適米の生産量から計算。酒米の生産量=9.7万トンの内70%が日本酒、残り30%が酒粕となると仮定すると、計算上約3万トンが酒粕となる。

こだわりは上質な素材。そして酒粕初心者でもおいしく!

1.酒粕の苦手な人もたのしめるような商品
酒粕に苦手意識のある人もその味わいがたのしめるように、酒蔵で丁寧に造られたおいしい酒粕をフレッシュな状態で使用するほか、粉末加工し特有のクセを抑えるなど、工夫を凝らした商品づくりが行われているといいます。

①生酒粕

こだわりは上質な素材。そして酒粕初心者でもおいしく!

酒蔵直送の新鮮かつ華やかな味わいのものを採用。

 

②酒粕パウダー

こだわりは上質な素材。そして酒粕初心者でもおいしく!

酒蔵直送の酒粕が、栄養素や風味はそのままに低温でじっくりとパウダー化されたもの。アルコール分が揮発することによって酒粕特有のクセが消え、華やかな香りがはなたれます。

2.日本独自の発酵技術と上質な素材
KIKKAの商品には、酒粕や糀など日本独自の発酵技術により生まれる素材が使用されています。酒粕は、千葉県九十九里の酒蔵「寒菊銘醸」で造られたばかりのもの。フレッシュ酒粕ならではのおいしさと華やかな香りがおすすめです。

3.酒粕の新しいたのしみ方を提案
「酒粕になじみがない...」「酒粕をどう調理していいかわからない...」
そんな方も酒粕習慣を続けられ、そのたのしみ方を知ることができるラインナップとなっています。

商品紹介

<酒粕甘酒>

商品紹介

商品名 : 酒粕甘酒
内容量:500ml
価格 : 1,393円(税込)
アルコール量:0.01%(推定値)
備考:コップ1杯(150ml)に酒粕25g相当を使用

~特徴~
・酒粕と米糀でつくる砂糖不使用の甘酒
・酒粕を粉末加工、アルコール分はほとんどなし
・酒粕の味わいにより華やかですっきりとした後味

<酒粕甘酒スムージー(生甘酒)>

商品紹介

商品名 : 酒粕甘酒スムージー(プレーン/ベリー/シトラス)
内容量:200g
価格 : 486円~540円(税込)
アルコール量:0.75%(推定値)
備考:1パック(200g)に生酒粕25gを使用。

~特徴~
・生酒粕、米糀、フルーツでつくる砂糖不使用の甘酒スムージー
(プレーンにはフルーツは含まれていません)
・火入れなしで酵素が生きている生甘酒のフレッシュな味わい
・半解凍で食べるのがおすすめ

<酒粕グラノーラ>

商品紹介

商品名 : 酒粕グラノーラ
内容量:200g
価格 : 1,296円(税込)
アルコール量:0.04%(推定値)
備考:1食分(50g)に酒粕25g相当を使用。

~特徴~
・酒粕粉末を配合した華やかな味わい
・しっかりした厚めの有機オーツ麦のザクザク食感
・酒粕の味わいと相性の良い無添加ドライフルーツ

会社概要

KIKKA
URL : https://kikka-japan.com
自社オンラインショップにて一般販売開始予定
公式Instagram https://instagram.com/kikka.japan
公式Facebook https://www.facebook.com/kikka.japan
公式Twitter https://twitter.com/KIKKA_japan_

※今回お届けした情報は記事執筆時点のものです。ご利用の際は状況が異なる場合がありますのでご注意ください

おすすめ情報

関連情報