シャンパンの繊細な泡はどのように生まれる? たのしみ方や代表銘柄も紹介

シャンパンの繊細な泡はどのように生まれる? たのしみ方や代表銘柄も紹介
出典 : MaraZe / Shutterstock.com

シャンパン(シャンパーニュ)は、美しく繊細な泡が魅力のスパークリングワイン。では、シャンパンの魅力である泡は、どのように生み出されているでしょう? 今回は、シャンパンの泡が生まれる理由や、シャンパンの人気銘柄などについて紹介します。

  • 更新日:

目次

  • シャンパン(シャンパーニュ)は美しい泡が魅力のワイン
  • シャンパンに泡ができる理由
  • 極上の泡をたのしむ!シャンパンの選び方と代表銘柄

シャンパン(シャンパーニュ)は美しい泡が魅力のワイン

unpict/ Shutterstock.com

シャンパンはシャンパーニュ産のスパークリングワイン

シャンパン(シャンパーニュ)の特徴は、その美しい泡。とはいえ、発泡性のワインであるスパークリングワインすべてが「シャンパン」ではありません。

「シャンパン」とは、フランス北部のシャンパーニュ地方で造られることに加え、さまざまな条件を満たしたスパークリングワインのみに許される呼称です。

シャルドネ、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエの3品種のブドウのみを原料にしていること、伝統的な製法で醸造されていること、アルコール度数が11%以上であることなど、多数の細かい規定に合うものだけが「シャンパン」を名乗ることができるのです。

シャンパンの泡のたのしみ方

美しい泡が魅力のシャンパン。フランスでは、グラスの底から立ち上る泡を「ペルル(真珠)」、表面で円い輪になった泡を「コリエ(首飾り)」と呼ぶのだとか。シャンパンを飲む際には、このような美しい泡をゆっくりと堪能したいものです。

そのためのポイントは、開栓してすぐにグラスに注がず、少し待って泡を落ち着かせること。また、シャンパンを注ぐグラスは、底からきれいな泡が立ち上るよう、高さのあるものを選びましょう。シャンパン用のグラスとして定番のフルート型か、チューリップ型のものがおすすめです。

シャンパンを注ぐ際は、泡がグラスからふきこぼれないよう、2度に分けて静かにゆっくりと注ぎます。注ぐ量は、グラスの6分目くらいが目安。シャンパンを注いだグラスは、体温が伝わらないよう、ステム(脚)の下のほうを持つようにしましょう。

シャンパンに泡ができる理由

barmalini / Shutterstock.com

シャンパンの泡を生む「瓶内二次発酵」

「シャンパン」と名乗るための条件のひとつが、伝統的な製法である「トラディショナル方式」で醸造されていること。トラディショナル方式では、「瓶内二次発酵」によってシャンパンならではの繊細な泡が生み出されます。

なお、瓶内二次発酵を行うおもな製法としては、「トラディショナル方式」のほかに「トランスファー方式」「メトード・リュラル方式」などがあります。それぞれの違いを見ていきましょう。

【トラディショナル方式(シャンパーニュ製法)】

瓶詰めしたワインに糖分と酵母を加えて、瓶内で二次発酵させたあと、澱を瓶口に集めるために瓶口を下にして毎日少しずつ回転させる「ルミュアージュ(動瓶)」、瓶の口付近に集まった澱を取り除く「デゴルジュマン(澱抜き)」などの作業を行います。

シャンパーニュのほかスペインのスパークリングワイン「カヴァ」などにも用いられる製法です。

【トランスファー方式】

瓶内二次発酵させたワインを加圧式のタンクに移して熟成させ、冷却・ろ過してから再び瓶詰めする製法です。

「トラディショナル方式」を簡略化した方法で、ドイツのスパークリングワイン「ゼクト」などに用いられます。

【メトード・リュラル方式(田舎式製法)】

二次発酵途中の醪(もろみ)を瓶詰めし、残りの発酵を瓶内で行う製法で、最適なタイミングを見計らうために手間がかかります。

トラディショナル製法よりも、さらに古くからある製法といわれていて、「田舎式方法」や「田舎式製法」と呼ばれるほか、南フランスのガイヤック地方で用いられることから「メトード・ガイヤコワーズ」とも呼ばれます。



なお、スパークリングワインの製法には、「シャルマ方式」「炭酸ガス注入方式」など瓶内二次発酵を行わないものもあります。


おすすめ情報

関連情報

ワインの基礎知識