世界的なウイスキーの会員制クラブ「ザ・スコッチモルトウイスキー・ソサエティ」とは?

世界的なウイスキーの会員制クラブ「ザ・スコッチモルトウイスキー・ソサエティ」とは?
出典 : Suslik1983/ Shutterstock.com

「ザ・スコッチモルトウイスキー・ソサエティ」は、世界中のウイスキーラバーが集う、会員制ウイスキークラブです。今回は、ソサエティの設立の背景や入会方法、会員になるメリット、ソサエティ独特のウイスキーのたのしみ方などについて紹介します。

  • 更新日:

「ザ・スコッチモルトウイスキー・ソサエティ」の概要

「ザ・スコッチモルトウイスキー・ソサエティ」の概要

Richie Chan/ Shutterstock.com

「ザ・スコッチモルトウイスキー・ソサエティ」の設立

「ザ・スコッチモルトウイスキー・ソサエティ(THE SCOTCH MALT WHISKY SOCIETY=SMWS)」は、1983年にスコットランドの首都エディンバラにある古い港町リースで設立された世界初のウイスキークラブです。

ソサエティ設立者のピップ・ヒルズと数人の仲間が、スコッチの一大産地スペイサイドで1樽のウイスキーを購入し、分け合ってたのしんだことが始まりといわれています。

加水もフィルターもかけられていないウイスキーの味は素晴らしく、瞬く間に評判となり、ソサエティ設立に至りました。

「ザ・スコッチモルトウイスキー・ソサエティ」の入会要件

「ザ・スコッチモルトウイスキー・ソサエティ」は、世界13か国に支部を置き、3万人以上の会員(ソサエティ・メンバーシップ)を有する、有料の会員制ウイスキークラブです。利用するには入会が必要で、会員になると市場に出回っていないウイスキーを購入できるなど、独自のさまざまな特典が受けられます。

2021年2月時点で、新規入会に必要な費用は10,000~22,000円(税込)。通常入会に加え、テイスティングボトルやウイスキーボトル、テイスティンググラスなどがセットになった、お得感のあるメンバーシップパックもいくつか用意されています。

公式サイトから入会手続きが完了すると、ソサエティIDが発行され、ログインすると会員用ページを閲覧できるようになります。また、後日ソサエティメンバーカードや入会キットが手元に届きます。

「ザ・スコッチモルトウイスキー・ソサエティ」の魅力

「ザ・スコッチモルトウイスキー・ソサエティ」の魅力

maeching chaiwongwatthana/ Shutterstock.com

樽出しのウイスキーを購入できる

ソサエティの会員になることで得られる最大のメリットは、加水もろ過もされていない樽出しのスコッチモルトウイスキーをたのしめることです。

ソサエティでは、「熟成されていたままのウイスキーを飲みたい」という設立当初からの方針のもと、本部の選定メンバーが各地の蒸溜所の協力を得て樽を厳選し、そのままボトリングしたものが販売されています。会員は、この貴重なウイスキーを購入できるのです。

一般に流通しているウイスキーでも加水調整されていない「カスクトストレングス」はありますが、それほど出回っていません。そのため、とくにウイスキー上級者にとって、さまざまな樽出しウイスキーを飲めることは大きな魅力といえるでしょう。

ウイスキーイベントに参加できる

会員は、ソサエティが開催するセミナーやトークセッション、テイスティング会などのプログラムに特別価格で参加できます。

たとえば、テイスティング会はオンラインでも開催されていて、販売されているウイスキーのサンプルを試飲できたりします。もちろん好みのフレーバーがあれば、サイトから購入することも可能です。

なお、バーで開催されるテイスティング会など一部イベントでは、会員以外の人が参加できるものもあります。その場合も会員は、優待価格で参加できます。

世界のパートナーバーで、会員価格でおいしい一杯を味わえる

ソサエティの会員は、高い基準をクリアしたパートナーバーを訪れた際に、会員価格でウイスキーをたのしめるのも魅力です。パートナーバーは世界中にあるため、日本だけでなく海外でも優雅なウイスキータイムを満喫することができます。

ほかにも、会報誌やブログ、メールなどでウイスキーの最新情報を入手できたり、ウイスキー以外のスピリッツを購入できたりする特典も用意されています。

「ザ・スコッチモルトウイスキー・ソサエティ」のウイスキーのたのしみ方

「ザ・スコッチモルトウイスキー・ソサエティ」のウイスキーのたのしみ方

ConstantinosZ/ Shutterstock.com

ブランドや評判にとらわれず、ウイスキー本来の味わいをたのしむ

ソサエティで販売されているウイスキーには、先入観にとらわれずにウイスキーを堪能できるような工夫が施されています。

ラベルに記載されているのは、蒸溜年月や熟成年数、瓶詰年月、アルコール度数、蒸溜所コード、樽番号が記載されているのみで、具体的な蒸溜所名や銘柄名などは明記されていません。また、ウイスキーは同じボトルに詰められているため、一見しただけではどの蒸溜所のウイスキーなのかがわからないのも特徴です。

こうした配慮によってウイスキー本来の味わいと向き合えるようになっているため、蒸溜所コードに対応する蒸溜所名は公開されていますが、まずは調べたりせずに飲んでたのしむことをおすすめします。

独自のカテゴリーとタイトルを頼りに好みのウイスキーを選んでたのしむ

ソサエティのウイスキーは、生産地や蒸溜所コード、熟成年数、価格のほか、フレーバーでも分類されていて、それを頼りに好みのボトルをセレクトすることができます。フレーバーカテゴリーは、「若々しく&軽快」「熟成感&濃厚」「重いピート」など12種類。ラベルやキャップも、独自のカラーで色分けされています。

また、それぞれのボトルには「霧に覆われた海岸」や「無限に飲み過ぎる」などのユニークなタイトルがつけられているので、そこから味わいを想像することもできます。

飲む人の感性で自由にウイスキーを満喫することが、ソサエティならではのたのしみ方といえそうです。

「ザ・スコッチモルトウイスキー・ソサエティ」は、ウイスキーラバーが集い、ウイスキーのおいしさを共有する世界的なウイスキークラブです。興味がある人は、奥深いウイスキーの世界を覗いてみてはいかがでしょう。

おすすめ情報

関連情報

ウイスキーの基礎知識

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事