ビール好きに贈りたい! 価格が高いビール、香り高いビール、アルコール度数の高いビールの銘柄を紹介

ビール好きに贈りたい! 価格が高いビール、香り高いビール、アルコール度数の高いビールの銘柄を紹介
出典 : JJz / Shutterstock.com

ビールにはさまざまなタイプがあり、贅沢さを重視して造られた銘柄も多くあります。今回は、お家での寛ぎタイムを豊かにしてくれそうな高級志向のビールや、ワイングラスで飲みたい香り高いビール、アルコール度数が高く飲みごたえのあるビールの銘柄を紹介します。

  • 更新日:

贅沢気分を味わえてギフトにもぴったりの高級志向のビール

贅沢気分を味わえてギフトにもぴったりの高級志向のビール

khun nay zaw/ Shutterstock.com

シャンパーニュのように手間暇かけて造られる「デウス」(ベルギー)

ベルギーのボスティールス醸造所が造る「デウス」は、長い醸造期間を経て完成する贅沢なビールです。

ベルギー国内で仕込み、一次発酵、二次発酵(熟成)を行ったのち、フランスに運んで発酵用の糖分・酵母を加えてボトリング。瓶内で三次発酵させ、そのまま3か月間熟成させたのち、シャンパーニュのような独特の手法で瓶の中の澱(おり)をていねいに除去。減った分をリキュールで補いコルク栓をして、ようやく出荷されます。

このように手間暇かけて造られる「デウス」は、透きとおったゴールドの色合いで、花の香りのほか、ミントや青りんご、ジンジャーなどのさわやかな香りが感じられます。シャンパーニュのような強い発泡感も特徴で、りんごやクローブを感じさせる含み香もあり、長く続く余韻をたのしめます。

じっくりゆっくり味わいたいビールで、贈答用にもおすすめです。


販売元:ベルギービールJAPAN
公式サイトはこちら

白ワインの木樽で熟成させた「グースアイランド ソフィー」(アメリカ)

グースアイランドは、1988年にアメリカ・シカゴに誕生した醸造所です。もともとは小さなメーカーでしたが、アメリカのクラフトビール・ブームに乗り、アメリカ西部最大級のクラフトビール醸造所へと成長しました。

創業者ジョン・ホールの孫娘の名前を冠した銘柄が、ヴィンテージエールシリーズの「グースアイランド ソフィー」です。ヴィンテージエールシリーズは、ワイン樽で熟成させる「バレルエイジ」という製法で造られています。

白ワイン樽で熟成させた「ソフィー」は、樽由来の木の香りや白ワインの香りなどが感じられ、複雑な風味を堪能できるのが特徴。さらに、スパイシーさやシトラスの酸味、シャンパンのようなライトでクリーミーな後味もたのしめます。

ヴィンテージエールシリーズには、「ソフィー」を含む全7種類のビールが揃っています。気分に合わせて選べば、贅沢なひとときを過ごせるでしょう。


製造元:グースアイランド GOOSE ISLAND
公式サイトはこちら

ワイングラスで優雅にたのしみたい、香り高いビール

ワイングラスで優雅にたのしみたい、香り高いビール

wavebreakmedia/ Shutterstock.com

セレブを迎えるためのビール「イネディット」(スペイン)

世界的な人気を誇るスペインの高級レストラン「エル・ブジ」。その料理長フェラン・アドリア氏とソムリエチームが、スペイン・バルセロナのビールメーカーと協同で開発したビールが「イネディット」です。世界のセレブをおもてなしするためのビールで、「ビール界のドンペリ」とも呼ばれます。

原料に小麦やコリアンダー、オレンジピールなどを使用し、ラガービールとホワイトビールの製法をミックスさせて造られる、やや白濁したビールで、白ワイン用グラスで飲むことが推奨されています。

グラスに注ぐと、繊細な香りが漂います。口に含めばフルーティーでフローラルな香りが鼻を抜け、フレッシュな酵母の香りと甘いスパイスのようなフレーバーがたのしめます。

レストランの料理に合わせるために開発されたビールなので、さまざまな料理との相性が抜群。とくに前菜やサラダ、魚介類とのペアリングがおすすめです。


販売元:株式会社リカーマウンテン
公式サイトはこちら

輸入者および引取先:株式会社都光
公式サイトはこちら

ワイン好きにも愛される「コレージ」(イタリア)

イタリア中部のアドリア海沿岸に臨むマルケ州で醸造されているビールです。リリースは2009年と歴史は浅めですが、世界各国のコンペティションで数々の賞を獲得し、2015年のワールド・ビアー・チャンピオンシップで、すべてのラインナップにメダルが授与されるなど、高い評価を得ています。

2か月間じっくり熟成させて造られる「コレージ」は、華やかで豊かなアロマやクリーミーな舌触り、リッチで奥深いコクが魅力です。「コレージ」には個性豊かな6種類がラインナップされていて、さまざまな料理とのペアリングもたのしめます。

瓶はワインボトルを思わせるデザインで、こちらもワイングラスでたのしむことがおすすめされています。


販売元:エノテカ株式会社
公式サイトはこちら

高級ホップを使用した特別醸造の「ヱビス マイスター ザ・ロイヤルリーフ」(日本)

サッポロビールの贅沢な銘柄「ヱビス マイスター」は、ビールの本場ドイツで修行を積んだ2人のブリューマスターと、全社・全工場から集結した52人の技術者が造り上げた逸品。この「ヱビス マイスター」にロイヤルリーフホップを100%使用して醸造したのが、特別醸造の「ザ・ロイヤルリーフ」です。

ロイヤルリーフホップは、ホップの球花を収穫したあと、乾燥・粉砕したうえで真空保存したものが使用されています。余計な加熱や加工が施されていないため、ホップの新鮮な香りや味、苦味が引き出されたビールとなっています。

ローズマリーなどのハーブが香る料理によく合うほか、チキン料理とのペアリングもおすすめです。

なお、「ヱビス マイスター ザ・ロイヤルリーフ」は、YEBIS BAR(ヱビスバー)をはじめとした飲食店、およびヱビスビール記念館(テイスティングサロン・ショップ)限定、かつ数量限定ビールとなっています。

※ヱビスビール記念館は、新型コロナウイルス感染拡大を受け、1月9日(土)より休館しています。


販売元:サッポロビール株式会社
「ヱビス マイスター ザ・ロイヤルリーフ」の公式サイトはこちら

アルコール度数の高さが魅力のビール

アルコール度数の高さが魅力のビール

Marie C Fields/ Shutterstock.com

オーストリアの高アルコールビール「サミクラウス」

オーストリアで造られている長期熟成ビール「サミクラウス」。もともとはスイスの醸造所が造っていた銘柄ですが、醸造所が閉鎖され、オーストリアの企業シュロス・エッゲンベルグ社が復活させました。

「サミクラウス」には、定番の「クラシック」のほか、最高級ピルスナーモルトを使用した「ヘル」、黒ビールの「シュヴァルツ」などがあり、いずれもアルコール度数は14%を誇ります。10か月もの長期にわたって熟成させているため、口当たりはなめらか。ワインセラーなどで寝かせると、さらに熟成された芳醇な味わいをたのしめるといわれています。

なお、「サミクラウス」は「サンタクロース」の意味で、サンタクロースのモデルとなった聖ニコラウスの命日であり祝祭日である12月6日に、1年に1度だけ限定醸造されています。


輸入元:株式会社 廣島
公式サイトはこちら

販売元:日本ビール株式会社(サミクラウス クラシック)
公式サイトはこちら

濃縮された味わいが魅力の「アヴェンティヌス・アイスボック」

ヴァイスビア(小麦のビール)で有名なドイツのシュナイダー社が造る「シュナイダー・ヴァイス・アヴェンティヌス・アイスボック」は、アルコール度数12%の高アルコールビールです。

奥深く複雑な味わいの白ビール「アヴェンティヌス」を冷却タンクに入れ、表層の水分を凍結させることを何度も繰り返し、氷の下の凝縮された部分だけを瓶詰めして仕上げられています。

濃縮された力強いアロマやフレーバーが特徴で、フルボディの重厚な味わいをたのしめます。ワインセラーなどで寝かせて、長期熟成させることもできるそう。

シュークリームやティラミスなど、食後のデザートと一緒に味わいたいビールです。


輸入元:昭和貿易株式会社
公式サイトはこちら

販売サイト:ショウワダイレクト
公式サイトはこちら

今回紹介したのは、ビール好きなら一度は試してみたい銘柄ばかり。どれも自宅などでゆっくりと味わいたい、贅沢な造りのビールです。特別な日のために、自分や大切な人へのプレゼントとして購入を検討してみてはいかがでしょう?

おすすめ情報

関連情報

ビールの基礎知識

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事