月桂冠がアルコール度数20度の濃厚な味わいで好評を博した「つき原酒」を期間限定で再発売

月桂冠がアルコール度数20度の濃厚な味わいで好評を博した「つき原酒」を期間限定で再発売

月桂冠(京都市伏見区)は、ソフトタイプで人気の高い日本酒「つき」の原酒を詰口した、「つき原酒」(1.8Lパック)を2期間限定で発売。

  • 更新日:

熱望する声に応えて、なんと4回目の再発売!

熱望する声に応えて、なんと4回目の再発売が決定!

「つき原酒」は2018年1月、「つき」発売20周年を記念して限定販売された日本酒。多くの日本酒愛好家から好評を博し、終売後、再発売を熱望する声が続いたことから、なんと今回、2021年3月までの期間限定で4回目となる再発売を開始!
「つき原酒」は、月桂冠の中でも、醸造の責任者や担当者など限られた者のみがテイスティングをしていた、商品になる前の「原酒」※で、そのテイストは濃醇かつ味わい深く、社内で高く評価されていたそうです。

実際、国際的な酒類品評会「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)2018」のSAKE部門・普通酒カテゴリーで「ゴールドメダル」を受賞しており、世界でも認められた存在となりました。

※原酒は、モロミをしぼった後、水を加えないお酒です(アルコール度数1度未満の範囲内で加水調整することは酒税法で認められています)。一般的な日本酒は、原酒に水を加えてアルコール度数13〜15度程度に調整した商品が主流となっている一方、「原酒」の多くはアルコール度数18〜20度程度の濃醇タイプとなります。

アルコール度数20度台、原酒ならではの濃厚な味わいが特長

「つき原酒」のアルコール度数20度台と高く、原酒ならではの濃厚さと味わい深さが特長となっています。少し冷やしてお飲むと、原酒のキレが増して「米のうまみ」と「甘味」を存分に味わうことが出来ます。また、氷を浮かべオンザロックでたのしむのもおすすめです。

商品概要

つき原酒

商品名:つき原酒
容量・容器:1.8Lパック
参考小売価格:1,463円(税別)
アルコール度数:20度以上21度未満
テイスト:甘辛=中口、濃淡=やや濃醇
メーカー出荷単位:6本入ダンボール詰
販売期間:2020年12月7日~2021年3月
販売地域:全国

>> 月桂冠 つき原酒 公式ホームページ

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識