もちっと香ばしい食感がクセになる「えのきのおつまみ焼き」

もちっと香ばしい食感がクセになる「えのきのおつまみ焼き」

鍋で使用した「えのき」が冷蔵庫に余っていたら、いつもとは違う調理法でおつまみを作ってみませんか? 名付けて「えのきのおつまみ焼き」。アレンジも多彩なので、合わせるお酒によって味付けを変えてたのしんでみましょう!

  • 更新日:

このおつまみに合うお酒は…
ビール、日本酒、ワイン、ハイボール

もちっと香ばしい食感があとを引く、不思議なおつまみを紹介します。まるで乾き物のような見た目ですが、鍋の具材でもおなじみの「えのき」です! 醤油洗いで下味をつけ、片栗粉と粉チーズをまとわせて焼くだけのカンタンなレシピですが、旨味たっぷりのおつまみになります。冷蔵庫にえのきを見つけたら、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

【材料/2人分】
えのきだけ…1袋(100g)
粉チーズ…大さじ1と1/2
片栗粉…大さじ1と1/2
醤油…小さじ1〜2
オリーブオイル…大さじ2

【作り方/10分】
1.えのきは石突きを切り落とし、厚みをつけずに平たくほぐす。
2.えのきを醤油洗い(醤油を全体にふりかけるようにして下味をつける)し、汁気を軽く切ったら、粉チーズと片栗粉を混ぜた粉を全体にまぶしつける。
3.フライパンを中火にかけ、オリーブオイルを入れ、「2」をじっくり両面焼いて出来上がり!

醤油洗いで下味をつけることで、衣のなじみがよくなる効果も。

【コツ・ポイント】
●日本酒と合わせるなら、大葉を加えて、仕上げに柚子やすだちを搾っても。ワインと合わせるなら、ドライハーブを加えて、仕上げにレモンを搾りかけてもよいですね。
●ビールやハイボールと合わせるなら、カレー風味の味付けもおすすめ。粉チーズと片栗粉に、カレー粉小さじ1ほどを加えて作ります。カレーの風味で、よりスナック感覚のおつまみになりますよ。

カレー粉を加えると、よりスパイシーな味わいでビールに合います。

ライタープロフィール

野口英世

料理研究家・フードスタイリスト

おすすめ情報

関連情報

ビールの基礎知識

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事