東京・銀座『銀座君嶋屋』&『ワインショップ・エノテカ GINZA SIX店』/酒屋併設バーを“はしご

東京・銀座『銀座君嶋屋』&『ワインショップ・エノテカ GINZA SIX店』/酒屋併設バーを“はしご

リカ―ショップのテイスティングバーは、いわば酒屋の角打ち的存在。でも、ちょっとオシャレで、販売原価に近い価格で飲めるのも魅力です。ワインや日本酒を求めて試飲するのはもちろん、飲み会前に0次会的に利用することも! そんな使い勝手のよいテイスティングバーを東京・銀座で2軒はしごしてきました。

  • 更新日:

『銀座君嶋屋』/美酒をサクっと、立ち飲みで

2013年オープンですが、銀座らしい風格を感じさせる看板。

1軒目に伺ったのは『銀座君嶋屋』。銀座1丁目にあって、JRなら有楽町駅か東京駅、地下鉄ならずばり銀座一丁目駅(有楽町線)が最寄りです。決して大きな店ではありませんが、首都高速道路の高架下を目指せば迷うことはありません。

東京駅方面から歩くとこんな感じ。茨城、高知、沖縄などのアンテナショップが密集したエリアです。

酒に興味のある方なら、“君嶋屋”の名前をご存じの方も多いでしょう。横浜・吉野町にある『横浜君嶋屋』が本店で、こちらの創業は明治25(1892)年。130年近くにわたって、目利きした日本酒・焼酎・ワインで飲食店や愛好家に支持されてきた老舗なのです。

ウインドウには銘酒がずらり。酒好きは絶対素通りできないはず。

向かって右手の入口をくぐると、手前側に日本酒や焼酎が並び、奥の方にワインセラーが設けられていました。その間に広がるのが今回お目当てのテイスティングバーで、スタンディングスタイル。お酒の小売りのレジを兼ねたカウンターで注文して支払いを済ませて、好きな場所で飲むというシステムです。

立ち飲みという形式からも、完全な角打ちスタイル。ちなみに酒販店のイメージが強い『横浜君嶋屋』ですが、じつは創業当時は横浜港や近隣で働く男衆が集まる「角打ち」をおもな商いとしていたとか。でも銀座店のバーは、カジュアルだけどスタイリッシュ。案内していただいた副店長の長曽我部尚利(ちょうそかべ・たかとし)さんの「女性おひとりのお客様も多いんです」の言葉に納得です。

右手に酒を出すカウンター。奥のガラス張りのあたりがバーコーナーですが、手前や片隅にも小さなテーブルがあり、外から見られずに利き酒できます。

40種類以上のアルコールがオンリスト

左にあるワインやビールが1枚の画像に収まらないほど、多種多彩なリスト。

おすすめ情報

関連情報

ワインの基礎知識