世界的バーと日本を代表する3つの酒造のノウハウを結集した新焼酎ブランド「The SG Shochu」

世界的バーと日本を代表する3つの酒造のノウハウを結集した新焼酎ブランド「The SG Shochu」

独創的なコンセプトのバーを開発・運営するSG Groupと、それぞれ「白岳」「さつま白波」「いいちこ」で知られる、国内で米・芋・麦焼酎の分野をリードする大手3酒造が共同プロジェクトを発足し、バーで楽しめる新しい焼酎ブランド「The SG Shochu」を立ち上げました。

  • 更新日:

バーカンパニー「SG Group」と、大手酒造3社による共同プロジェクト

海外でも日本独自のスピリッツ・焼酎への注目度が増している中、トップバーテンダーの後閑信吾氏率いるバーカンパニー「SG Group」と、「白岳」の高橋酒造、「さつま白波」の薩摩酒造、「いいちこ」の三和酒類という焼酎大手3社による、前代未聞の共同プロジェクトが発足しています。

東京・上海で運営する3店舗が世界のベストバー50にランクインするなど、国際的に高い評価を得ているSG Groupがコンセプトやデザイン、酒質を全面的に企画監修し、焼酎の新しい楽しみ方を提案。米・芋・麦の3種類をラインナップし、バーを中心とした料飲店向けとして2020年2月中旬の発売を目指しているそうです。

世界的にもユニークな蒸留酒・焼酎の可能性を発信

akiyoko/ Shutterstock.com

他のスピリッツと異なり、本格焼酎の蒸留は1回のみ。そのため原材料や発酵由来のアロマやフレーバーが豊かで、世界のお酒の中でもユニークな存在といえます。そして後閑氏も「例えば10年前までメキシコのメスカルはほとんど知られていなかったのですが、今は世界中のバーテンダーが競って使っています。米・芋・麦とバラエティある焼酎は、バーテンダーにとってさらに刺激的でクリエイティブなお酒と言えます。」とコメントしている通り、カクテルベースとしても大きな可能性を持っています。

「The SG Shochu」は、日本が育んだ蒸留酒「焼酎」を世界的なバー文化の文脈から捉え直し、新しい楽しみ方を提案することで、焼酎を取り巻く環境を変えていくことが期待されています。

プロジェクト概要

<商品>
The SG Shochu KOME
製造・販売:高橋酒造 2,980円(税別)

The SG Shochu IMO
製造・販売:薩摩酒造 3,500円(税別)

The SG Shochu MUGI
製造・販売:三和酒類 3,500円(税別)

<企画・監修>
SG Group(株式会社SGマネジメント / 東京都渋谷区)

<発売時期>
2020年2月中旬予定

<販売先>
全国料飲店向け

<公式ホームページ>
https://thesgshochu.com

プロジェクト参画企業一覧

キックオフに集結したプロジェクト参画社の代表者。左より三和酒類・下田社長、高橋酒造・高橋社長、SG Group・後閑信吾、薩摩酒造・本坊社長 (撮影場所:The SG Club)

キックオフに集結したプロジェクト参画社の代表者。左より三和酒類・下田社長、高橋酒造・高橋社長、SG Group・後閑信吾、薩摩酒造・本坊社長 (撮影場所:The SG Club)

高橋酒造株式会社(熊本県人吉市)

明治33年創業。華やかな香りの米焼酎「白岳」「しろ」を主力商品に持つことで知られる。「球磨の隠し田」と呼ばれる人吉球磨の良米と日本三大急流である球磨川の水を使って仕込む焼酎に、減圧蒸留をいち早く採用。

薩摩酒造株式会社(鹿児島県枕崎市)

コガネセンガンをふんだんに使った本格芋焼酎「さつま白波」でおなじみの、鹿児島の「薩摩焼酎」を代表する酒造です。地域の原材料にこだわり、素材の良さを引き出す酒造りが特徴。

三和酒類株式会社(大分県宇佐市)

「下町のナポレオン」のキャッチフレーズと、アーティスティックな写真の駅ポスターで知られる麦焼酎「いいちこ」の製造元。研究開発に力を入れ、醸造技術に加えブレンドと貯蔵技術の向上に注力。

SG Group(東京・上海・ニューヨーク)

バーカンパニー「SG Group」と、大手酒造3社による共同プロジェクト

The SG Club(東京)
The World’s 50 Best Bars 24位 / Asia’s 50 Best Bars 13位(2019)

「WORLD’S 50 BEST BARS」にて、東京・渋谷の「The SG Club」が初の入賞!
詳しくはこちら
https://tanoshiiosake.jp/5918

Speak Low(上海) The World’s 50 Best Bars 35位 / Asia’s 50 Best Bars 4年連続 Top10

Speak Low(上海)
The World’s 50 Best Bars 35位 / Asia’s 50 Best Bars 4年連続 Top10

国内外で新しいコンセプトのバーを企画・運営するインターナショナルなバーテンダー集団。ファウンダー・後閑信吾氏のもと、コンペティションで実績あるバーテンダーが多数活躍。

Sober Company(上海) The World’s 50 Best Bars 45位 / Asia’s 50 Best Bars 16位(2019)

Sober Company(上海)
The World’s 50 Best Bars 45位 / Asia’s 50 Best Bars 16位(2019)

食のアカデミー賞と言われる「世界のベストレストラン50」の運営団体が調査・発表する「世界のベストバー50」に3店舗がランクインするなど、国際的なバー業界において特別な位置を占めています。

The Odd Couple(上海) 2019年、NYのスターバーテンダーSteve Schneiderと共に開業

The Odd Couple(上海)
2019年、NYのスターバーテンダーSteve Schneiderと共に開業

<公式URL>
http://sg-management.jp

後閑 信吾(ごかんしんご)氏

後閑 信吾(ごかんしんご)

「SG Group」ファウンダー。長い海外経験で養った大胆な着想と、日本人としての繊細さを併せ持ったバーテンディングで新しいカクテルの世界を切り開いている、今世界でも注目されるているバーテンダーの一人。

Bacardi Legacy Cocktail Competition 2012世界大会に米国代表として出場し優勝。2017年、バー業界のアカデミー賞と言われるTales of the Cocktailの「International Bartender of the Year」を受賞。2019年にはAsia’s 50 Best Barsで個人に対する最高賞「Altos Bartenders’ Bartender」を受賞するとともに、“バーインダストリーで最も影響力ある100人”を定めるBar World 100に選出。現在、NYと東京に拠点を置き、世界各国でゲストバーテンダーやバーコンサルタントとしても活動中。

おすすめ情報

関連情報

焼酎の基礎知識