ウイスキーイベント「ウイスキーフェスティバル」は国内最大の祭典

ウイスキーイベント「ウイスキーフェスティバル」は国内最大の祭典
出典 : Sergiy Palamarchuk/ Shutterstock.com

ウイスキーイベント「ウイスキーフェスティバル」は、国内最大級のウイスキーの祭典です。世界中から集められたウイスキー銘柄はもちろん、地ビールやフードも充実。ウイスキーファンに限らず幅広くたのしめるウイスキーの大展示試飲イベントを紹介しましょう。

  • 更新日:

ウイスキーイベント「ウイスキーフェスティバル」とは?

ウイスキーイベント「ウイスキーフェスティバル」とは?

Sergiy Palamarchuk/ Shutterstock.com

「ウイスキーフェスティバル」の主催者はウイスキー文化研究所

ウイスキーイベント「ウイスキーフェスティバル」は、ウイスキー文化研究所が毎年、主催するイベントです。
ウイスキー文化研究所とは、世界のウイスキーとその文化を学び研究し、各種情報収集や発信を行っている会員制の愛好家団体で、2001年3月に発足しました。
代表者は、ウイスキー関連書籍の著者や監修者としても活躍されている土屋守氏。ウイスキー初心者が気軽に挑戦できる「ウイスキー検定」も、この研究所が主催しています。

ウイスキーフェスティバルは毎年成長している

ウイスキーフェスティバルは2007年にスタートし、東京と大阪での定期開催をはじめ、テーマを絞った特別イベントなど、毎年規模を拡大しつつ開催されてきました。
10周年を迎えた2018年には、初の2日間開催を成功させ、ウイスキーファンに限らず、幅広い参加者を集めるウイスキーイベントとして成長し続けています。

ウイスキーフェスティバル「飲んでたのしむ」

ウイスキーフェスティバル「飲んでたのしむ」

Zoltan Major/ Shutterstock.com

ウイスキーフェスティバルで試飲できるウイスキーは数百種類

ウイスキーフェスティバルのたのしみ方を紹介します。ひとつ目は「飲んでたのしむ」です。
ウイスキーフェスティバルの会場には、世界各地の蒸溜所、メーカー、輸入業者など80社以上が参加。出展ブースに世界中から集まるウイスキーは数百種類にのぼり、スコットランド、日本、アメリカなど世界の5大ウイスキーはもちろん、インド、スイス、ニュージーランド、台湾といった新進気鋭のウイスキーも並びます。

ウイスキーフェスティバルで飲みすぎないための事前チェック

会場内出展ブースでの試飲は、高価で貴重なウイスキーを除けば、9割近くが無料。あれもこれもと目移りがして、あっという間に飲みすぎになってしまいかねません。
そこで、事前にどの出展ブースをチェックし、「最低限ここは抑えよう」と決めておくのがおすすめです。ウイスキーはアルコール度数が高いので、こまめに水分補給するなど十分に気をつけましょう。

ウイスキーフェスティバル「観て聞いてたのしむ」

ウイスキーフェスティバル「聞いてたのしむ」

Pressmaster/ Shutterstock.com

ウイスキーフェスティバルのスペシャルセミナーに参加してみよう

ウイスキーフェスティバルたのしみ方のふたつ目は、「観てたのしむ」です。
このフェスティバルでぜひ参加してほしいのが「スペシャルセミナー」。国内外の有名蒸溜所の創業者やブレンダー、メーカーの製造責任者といった、ウイスキー造りのプロから直接、話を聞くことができる貴重な機会です。2018年のスペシャルセミナーは、2日間で16回開催されました。

ウイスキーフェスティバルには事前の問い合わせと前売り券が必要

スペシャルセミナーに参加するには、事前に前売り券を購入する必要があります。参加したいセミナーがあるときは、事前の問い合わせを忘れないようにしましょう。
また、スペシャルセミナーでは、参加者限定のテイスティングがたのしめる場合もあり、試飲と合わせて飲みすぎになる恐れも。セミナーへの参加は1日2回くらいに抑えておくほうがよいかもしれません。

ウイスキーフェスティバル「出会いをたのしむ」

ウイスキーフェスティバル「出会いをたのしむ」

Sergiy Palamarchuk/ Shutterstock.com

ウイスキーフェスティバルでウイスキー職人の声を聞こう

ウイスキーフェスティバルのたのしみ方の最後は、「出会いをたのしむ」です。
会場内の出展ブースでは、メーカーの製造担当者や、蒸溜所の関係者など、ウイスキー造りに直接たずさわっている人との会話がたのしめます。どんな話をしたらよいのかなんて、気にする必要はありません。恥ずかしがらずに、気になったことは、どんどん質問するのがおすすめ。気軽に会話をたのしみましょう。

ウイスキーフェスティバルの記念品も大事な出会い!

ウイスキーフェスティバルに毎年、参加すれば、同じ担当者に巡り会う可能性もあります。知り合いができれば、次回も参加したくなるに違いありません。
また、会場では「オリジナル100ミリリットルボトル」や「開催記念ボトル」といった、限定品も販売されています。ここだけの出会いとして、記念に購入するのはいかがでしょう。

ウイスキーイベント「ウイスキーフェスティバル」を紹介しました。数百種類のウイスキーが一堂に会する機会はそう多くはありません。ウイスキー初心者からコアなファンまで、ウイスキーとの出会いをこのイベントで堪能してみませんか。ただし、飲みすぎには十分注意してくださいね。

主催:ウイスキー文化研究所
公式サイトはこちら

おすすめ情報

関連情報

ウイスキーの基礎知識