ビールゼリーとは? アルコールが苦手な人でもたのしめる魅力

ビールゼリーとは? アルコールが苦手な人でもたのしめる魅力
出典 : vkuslandia/ Shutterstock.com

ビールとゼリーは、どちらも“夏”をイメージさせる、さわやかさが魅力という共通点があります。しかし、この2つを掛け合わせたスイーツと聞けば、驚く人もいるのではないでしょうか? 今回は意外な組み合わせがクセになるビールゼリーの魅力を紹介していきます。

  • 更新日:

目次

  • ビールゼリーには、アルコール入りとノンアルコールのタイプがある
  • ビールゼリーの作り方〜アルコール入り〜
  • ビールゼリーの作り方〜ノンアルコール〜
  • ビールゼリーのたのしみ方

ビールゼリーには、アルコール入りとノンアルコールのタイプがある

ビールゼリーには、アルコール入りとノンアルコールのタイプがある

jultud/ Shutterstock.com

ビールゼリーとはどんな食べ物?

ビールゼリーとは、その名の通り、ビールやフルーツ、レモン果汁などをゼラチンで冷やし固めたものです。一般的にはアルコール分のある通常のビールを使用しますが、ノンアルコールビール飲料を使う場合もあります。
また、小さな子どもでもたのしめるように、アップルジュースなどを使ってビールのような見た目のゼリーを作ることもでき、「ビール」とついてはいても、子どもから大人までたのしめるスイーツです。

アルコール入りビールゼリーは甘いものが苦手の人にもオススメ

ビールゼリーのなかでもアルコールが入ったタイプは、さっぱりとした甘さのあとに、ビール独特の苦味が感じられる大人のスイーツです。
ゼリーは見た目にも涼しげで、とくに夏場に人気のスイーツですが、最後に残る甘味が苦手という人も少なくありません。
ビールゼリーはレモン果汁との相性が抜群。さわやかな酸味とほのかな苦味で、甘いものが苦手な人にもおすすめできます。

ノンアルコールのビールゼリーは子どもでも安心

ビールゼリーのなかでもノンアルコールタイプのものは、大人から子どもまで幅広くたのしめます。
ノンアルコールビールを使ったビールゼリーは、通常のビールゼリーと同様にほのかな苦味が感じられます。
アップルジュースをビールに見立てて作ったビールゼリーは、さわやかな甘味が口のなかに広がり、子どもも安心してたのしめます。

ビールゼリーの作り方〜アルコール入り〜

ビールゼリーの作り方〜アルコール入り〜

D. Pimborough/ Shutterstock.com

まずはゼリーのベースを作る

ビールゼリーの材料は、ビールと水、グラニュー糖とレモン、そしてゼラチンです。
まずはゼリーのベースを作るため水とグラニュー糖、レモンを混ぜて、火にかけて沸騰させます。水とグラニュー糖の比率は5:1程度、レモンはお好みに応じて分量を調節してください。
沸騰してきたら、あらかじめ水で溶いておいた粉ゼラチンを混ぜ合わせます。ゼラチンが全体に行きわたったら、粗熱が取れるまでしばらく放置します。

ビールとゼリーベースを型に入れて冷やせばできあがり

ゼリーベースの粗熱が取れたら、あとは冷やし固めるための型にビールとゼリーベースを流し込むだけ。そこで重要なのが、ビールの分量です。
ビールが好きだからといって大量のビールを入れてしまうと、十分に固まらず、ゼリーの食感を味わえなくなってしまいます。ゼリーベースとビールの比率は2:1程度にするのが基本です。
お好みのフルーツも一緒に型に入れたら、冷蔵庫で2〜3時間ほど冷やせば、冷たくてさわやかなビールゼリーの完成です!

ビールゼリーの作り方〜ノンアルコール〜

ビールゼリーの作り方〜ノンアルコール〜

Markus Mainka/ Shutterstock.com

ノンアルコールビールを使ったレシピは、ビールを使う場合と同様

ノンアルコールのビールゼリーには、ノンアルコールビールを使うタイプと、アップルジュースを使うタイプがあります。
ノンアルコールビールを使う場合の作り方は、先ほど紹介したアルコール入りビールゼリーと同じです。作り方自体はかんたんですが、分量を間違うとゼリーの固まり方が緩くなってしまうので注意しましょう。

アップルジュースを使えばビールゼリーの作り方

アップルジュースを使うことで、ビールは使わずとも、通常のビールゼリーとそっくりな見た目に仕上げることができます。
作り方はアップルジュースを温め、水で溶いた粉ゼラチンを入れて固めるだけとカンタン! ジュースと水の比率は8:1程度がおすすめです。
ゼリーのベースを少し取っておいて、泡立て器でかき混ぜると、メレンゲのような白い泡ができます。これを冷やし固めたゼリーの上にトッピングすると、まるで本物のビールのようなゼリーが完成します。

ビールゼリーのたのしみ方

ビールゼリーのたのしみ方

GANNA MARTYSHEVA/ Shutterstock.com

父の日のスイーツとして

ビールゼリーのたのしみ方としておすすめなのが、父の日のプレゼントです。父の日には、お父さんを中心に家族全員で食卓を囲む家庭も多いと思いますが、日頃の感謝の気持ちとともに、手作りのビールゼリーをプレゼントすれば、喜ばれるのではないでしょうか。ビールが苦手な人でも一緒にたのしむことができ、父の日の素敵な思い出になるはずです。

ホームパーティーやお花見に

ビールゼリーは、大勢の友人や親戚、家族が集まるホームパーティーでもおすすめです。とくに、ノンアルコールビールを使ったビールゼリーであれば、子どもがいても安心ですし、お花見やアウトドアでの食事の際にも喜ばれるはず。車を運転する人もいるため、全員がたのしめるスイーツとしておすすめです。

「ビールゼリー」と聞くと、「苦味と甘味がミスマッチなのでは?」と感じる人もいるかもしれません。実際に口にしてみると、想像以上にさわやかな味わいに驚くはず。父の日やホームパーティーなどに、試してみてはいかがでしょうか。

おすすめ情報

関連情報

ビールの基礎知識