アヒージョの魅力とおすすめ具材を紹介!

アヒージョの魅力とおすすめ具材を紹介!
出典 : K321 / Shutterstock.com

アヒージョは、日本でも大人気のワインのお供。そんなアヒージョの魅力といえは、エビやキノコ、チキンなど、お好みの具材をさまざまにアレンジできること。ここでは、ワインと合わせておいしい具材など、アヒージョのたのしみ方をお伝えします。

  • 更新日:

「アヒージョ」の具材選びがネットで話題沸騰中!

「アヒージョ」の具材選びがネットで話題沸騰中!

Isaphoto2016 / Shutterstock.com

アヒージョは、スペイン料理において前菜として提供される小皿料理「タパス」のひとつ。タパスといえば、チーズや生ハム、厚焼きオムレツ「トルティージャ」などが定番ですが、近年、日本でもスペイン風居酒屋「バル」が増加するなか、アヒージョの人気が急速に高まっています。

では、アヒージョとはどんな料理でしょう? アヒージョはもともとスペイン語で「ニンニク風味」を意味しています。ニンニクとオリーブオイルで、さまざまな具材を煮込んだ料理がアヒージョです。唐辛子やハーブなどを加えて、少し濃い目の味付けに仕上げると、ワインのお供にぴったりです。

アヒージョの魅力は、やはりダシの利いたオリーブオイル。煮込んだ具材のダシが溶け込んだオイルをパンにつけて食べるのが定番で、ワインとの相性もバツグンです。具材ごとに異なるダシの風味をたのしめるのがうれしいですね。

近年のアヒージョ人気の背景には、バルなど外食でたのしむだけでなく、家庭で好みの具材を選んだオリジナルのアヒージョレシピを考案する人が増えたことがあります。自分だけのこだわりのアヒージョを作って、レシピ投稿サイトや画像投稿サイトに投稿する。こんな最先端のたのしみ方が、最近のアヒージョブームの原動力となっているのです。

アヒージョは具材の豊富さも人気の理由

アヒージョは具材の豊富さも人気の理由

norikko / Shutterstock.com

アヒージョなどのスペイン料理が日本に定着したのは、意外に最近のこと。その大きなきっかけとなったのが、2000年以降になって、スペインならではの「バル」という店舗形態が広まったこと。

バルとは、ワインをはじめとしたお酒と、定番のおつまみ料理が低価格でたのしめる店舗のこと。いわば居酒屋のスペイン版です。おしゃれな雰囲気ながら、価格もリーズナブルなため、とくに女性たちの間で人気が高まりました。
バルの普及によって、アヒージョやトルティージャ、パエリアなどのスペイン料理の存在と、そのたのしみ方が広く知られるようになったのです。

バルのメニューを開いてみると、お店ごとに、さまざまな具材を使ったアヒージョが並んでいます。
アヒージョの定番の具材としては、エビやマッシュルームなどが挙げられますが、ほかにもさまざまな具材をたのしめるのがアヒージョの魅力。ジャガイモやトマトなど野菜のアヒージョ、チキンやレバー、砂肝など肉類のアヒージョ、牡蠣やタラなど魚介類のアヒージョと、さまざまなバリエーションがたのしめます。

最近では、アヒージョ人気の高まりとともに、変わり種の具材もいろんなものが登場しています。たとえばチーズを具材にしたアヒージョは、チーズフォンデュのような感覚でたのしめると人気。皆さんも、自分好みの具材を探してみてください。

アヒージョの具材を一工夫したおすすめレシピ!

アヒージョの具材を一工夫したおすすめレシピ!

graphbottles / Shutterstock.com

アヒージョはスペイン風の居酒屋・バルでワインとともにたのしむのが一般的ですが、じつは、調理法は意外とカンタン! 時間もそれほどかからないので、家庭料理としてたのしむ人も増えています。
パーティーメニューや、野外でのバーベキューなどにもぴったりですので、今後、さらに広まっていくのではないでしょうか。

「自分でもアヒージョを作ってみたい! 」という人のために、アヒージョのレシピをおさらいしておきましょう。
まずは基本となるアヒージョオイルを作ります。といっても、小ぶりの鍋にたっぷりのオリーブオイルにニンニクを入れて、弱火で煮込むだけ。ニンニクの旨味とコクがオリーブオイルに広がれば、お好みで唐辛子やハーブ、アンチョビペーストなどを加え、あとはメインの具材を煮込めばできあがりです。

アヒージョを作るお鍋には、本来なら本場・スペインの土鍋「カエスラ」を使いたいところ。お鍋のままテーブルに出すのもおしゃれです。とはいえ、ムリにカエスラを用意しなくても、小ぶりのフライパン「スキレット」や、小ぶりのホーロー鍋でも問題ありません。

忙しくて時間がとれないという人向けには、オーブントースターや電子レンジを使った手軽な作り方もおすすめ。具材も缶詰を使えば、下ごしらえの手間も省けます。
とくに、オイルサーディンの缶詰を使って、缶詰のオイルごと使えば、ひとあじ違ったアヒージョのできあがり!

味付けに自信がないという人は、市販のアヒージョ用調味料を使ってみてはどうでしょう。スーパーの食品売場では、さまざまなメーカーから「アヒージョの素」が販売されています。
たとえばヱスビー食品では、世界の料理を手軽に味わうSPICE&HERBシーズニングシリーズに「アヒージョ」をラインナップ。材料と混ぜて煮込むだけで、本格派のアヒージョがたのしめます。

SPICE&HERBシーズニングシリーズ「アヒージョ」
公式サイトはこちら

アヒージョの具材選びはワインと合わせて考えよう

おすすめ情報

関連情報

ワインの基礎知識