大人の時間をたのしむシガーアドバイザーを取得! 1年以内に3回課題提出

大人の時間をたのしむシガーアドバイザーを取得! 1年以内に3回課題提出
出典 : LightField Studios/Shutterstock.com

シガーとは、ラグジュアリーなひとときを演出する大人の嗜みです。お酒との関係も深く、シガーをくゆらせながらグラスを傾ける姿に憧れる人も少なくないのではないでしょうか。そんなシガーをよりたのしむための資格認定試験があります。

  • 更新日:

シガーの正しい知識を身に付けたプロフェッショナルに

シガーの正しい知識を身に付けたプロフェッショナルに

andrekoehn/ Shutterstock.com

シガーアドバイザーは、NPO法人FBO提携加盟団体であるシガーアドバイザー協会(CAA)が設ける認定資格で、20歳以上なら誰でも受験可能です。

嗜好品であるたばこは、身体に多大な影響を与えるとともに、世界的な禁煙・分煙活動が進むなか、今後よりいっそう正しい知識を身に付けることがプロフェッショナルには求められます。

FBOの設けるカリキュラムは、「正しい知識でゆとりの時間を演出できる」ということをモットーに、シガーについての知識を効率的に学べる内容となっています。


では、資格取得のためにどんな知識を身に付ける必要があるのでしょうか?


テキストをもとに幅広い知識・技能を学んでいく通信コース

テキストをもとに幅広い知識・技能を学んでいく通信コース

ESB Professional/ Shutterstock.com

まずは、FBOが設ける全資格共通の5つのカリキュラムを習得します。プロフェッショナルが持つべき7つの能力や知識・技能を学ぶ「もてなしの基」をはじめ、「食品・飲料の基礎知識」「食品・飲料の文化」「テイスティング」さらに「マネジメント」です。

さらに、シガーアドバイザーの資格認定試験として、「たばこ」「シガー」「パイプ」「たばこの与える影響とその効果」の4つがあります。

これらはすべてFBOが出版しているテキストをもとに学び、3回の通信カリキュラムを1年以内にクリアすると合格となります。

◆通信カリキュラム:第1回
食品、飲料に関する基礎知識と有資格者のスタンスについて(※FBO認定会員は免除)
たばこ、シガーの魅力とその特性

◆通信カリキュラム:第2回
たばこの歴史と分類・制度
シガーの基礎知識

◆通信カリキュラム:第3回
シガーのサービスとパイプ基礎知識
シガーのテイスティングと飲料の相性

合格者には、認定証書・認定章に加え、食品、飲料の総合的な知識を持った「F&Bナビゲーター」の認定証書を発行。また、認定番号入り「デジタル会員証」と「資格ステッカー」も付与されます。

シガーの正しい知識や技能を身に付けて、お酒とシガーのある至福の時間をもっとたのしんでみませんか。

「シガーアドバイザー」の詳細記事はこちら
https://tanoshiiosake.jp/3495

シガーアドバイザー協会(CAA)
http://www.caa-w.com/

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識