待望の第3弾がついに登場! こだわりの東京クラフトビール「TOKYO BLUES」

待望の第3弾がついに登場! こだわりの東京クラフトビール「TOKYO BLUES」

創業から150年以上の歴史を誇る東京福生市の蔵元、石川酒造が、東京の地と水にこだわり抜いて誕生させた、東京クラフトビール「TOKYO BLUES」。その第3弾となる「TOKYO BLUES シングルホップウィート」が2018年5月11日(金)に発売されました。

  • 更新日:

品の良い苦味が特徴の「TOKYO BLUES シングルホップウィート」

品の良い苦味が特徴の「TOKYO BLUES シングルホップウィート」

やさしく華やいだ中に苦味を感じるビール

「セッションエール」、「ゴールデンエール」に続く、「TOKYO BLUES」シリーズ待望の第3弾は「シングルホップウィート」。ドイツ伝統の白ビール、ヴァイツェンスタイルの味わいが東京の洗練された感性で仕上げられています。

ホップは、ニュージーランド・ネルソン地方で育てられたネルソンソーヴィンホップを100%使用。煮沸工程の終了間際にホップを大量投入する「レイトホッピング製法」を採用することにより、希少なホップの特性がさらに引き立っています。

小麦麦芽由来のまろやかな口当たりでありながら、白ワインを彷彿とさせる華やかな香りと品の良い苦味もバランス良くたのしめる、なんとも贅沢なクラフトビールです。

水にもこだわり、清酒造りにも使われる東京の地下天然水を使用

水にもこだわり、清酒造りにも使われる東京の地下天然水を使用

年間10万人が訪れるという石川酒造

石川酒造のこだわりは、ホップだけではありません。シングルホップ仕上げに欠かせない水は、清酒造りにも使われている地下150mからの天然水を使用。清酒「多満自慢(たまじまん)」も醸す蔵元ならではの徹底したこだわりが、さらに洗練された味わいを生み出しています。

心地よいブルースのリズムが大都会で息づく魂を包み込むように、忙しい日々の時間をやさしく潤してくれるビール。「TOKYO BLUES シングルホップウィート」の発売で、また一つ、東京の新たな魅力が誕生しました。

ネクタイを緩め、腕時計を外してぜひとも味わってほしい、クラフトビール。第1弾、第2弾、第3弾と飲み比べてみるのもおすすめです。

商品情報

「TOKYO BLUES シングルホップウィート」
アルコール度数:5.5%
麦芽:ウィート・ピルゼン・ミュンヘン
ホップ:ネルソンソーヴィン
価格:466円(税別)

<商品のお問い合わせ先>

石川酒造株式会社

TEL:042-553-0100
URL:http://www.tokyo-blues.jp/

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識